注目キーワード
一眼レフ AFモーター

一眼レフのAFモーターの罠【初心者は要注意】

一眼レフ AFモーター

一眼レフのAF(オートフォーカス)用モーターは本体に内蔵型と、レンズに内臓型があります。

 

 

これを理解しないでカメラやレンズを買うと、組み合わせによってはオートフォーカスが効かないパターンがあります。

 

 

僕自身はこの知識を知らずに、高価なレンズを間違えて購入しそうになったこともあります。

 

 

 

今回はNikonのエントリーモデルを例として、AFモーターについて説明したいと思います。

 

 

Nikonユーザの方でなくても、必ず役に立つ情報だと思います。

どうぞご覧ください。

 

スポンサード リンク

AFモータの内蔵位置

アンダー 露出

オートフォーカスはカメラが自動でピントを合わせてくれる機能です。

 

 

動きの速いものであったり、素早く撮りたい時に重宝する機能です。

 

 

 

冒頭でも述べましたが、AFモータは一眼レフ本体に内蔵されているタイプと、レンズ自身に内蔵されているタイプがあります。

 

一眼レフ本体に内蔵されているタイプ

NikonのエントリーモデルのD7500やD7200は、D3000シリーズやD5000シリーズに比べてかなり重いです。

 

 

その理由の一つとしてAF(オートフォーカス)用モーターが内臓されていることが挙げられます。

 

 

ペンタプリズムが内蔵されているのも重さの要因です。

>> 一眼レフのペンタプリズムとペンタミラーについて【初心者向け】

 

D7500、D7200なら、AFモーターがカメラに内蔵されているので、どんなレンズでもAFを効かせることができます。

 

一眼レフ本体にAFモーターが内蔵されていないタイプ

Nikon D3500やD5600はAFモーターがカメラに内蔵されていません。

 

 

そのため重量が軽いのですが、レンズ側にAFモーターがあるタイプのものでないとAFが効きません

 

 

この点は注意が必要です。D3000シリーズやD5000シリーズを買ったものの、「もっといろんなレンズを使いたい」なんてときは、AFが使えないことを覚悟しなければならない時が来るかもしれません。

 

 

もちろん自分でマニュアルで合わせるのなら問題はないです。

 

Nikonの特殊なレンズ

最近では大抵のレンズにはAFモーターが内臓されていますが、D5300を使用していた僕は魚眼レンズ購入の際にこの問題に出くわしました。

 

それがこいつです。

 

 

以前、魚眼レンズの比較の記事を書きました。

 

 

しかし、その比較対象としてNikon純正のレンズを入れていませんでした。

 

 

その理由はNikon純正の魚眼レンズにはAFモーターが内蔵されていなかったからなのです。

>> シグマの魚眼レンズ 10mm F2.8 EX DC FISHEYE HSM を購入してみた

>> 魚眼レンズで東京都庁を撮影しに行ってみた

>> SIGMAとTokinaの魚眼レンズを数値で徹底比較してみた

>> SIGMAとTokinaの魚眼レンズを使用して徹底比較してみた

>> 魚眼レンズでの作例11選

 

 

Nikon純正の魚眼レンズを買おうと思っていましたが、調べているうちにD5000シリーズだとAFが使えないことに気づいて除外してしまいました。

 

 

というわけもありTokinaの魚眼ズームレンズと、SIGMAの超音波モーター付きの魚眼レンズを比較して、結果SIGMAを買いました。

 

もしAFを重視している方なら、一眼レフ本体にAFがあるとレンズ選びの幅が広がるのでいざという時役に立ちます。

 

まとめ

一眼レフのエントリーモデルを買う際は、AFモーターにご注意ください。

 

軽いのが売りですが、AFが使えない場合があります。

 

フルサイズなら問題ないかと思います。

 

 

ちなみにキヤノンの場合はレンズ内にAFモーターで統一だそうです。

 

 

 

当ブログの一眼レフに関する記事はこちらからどうぞ
一眼レフ AFモーター
最新情報をチェックしよう!