注目キーワード
google アナリティクス 見方

劇的なPVアップに繋がるGoogleアナリティクスのユーザー分析方法

SEO google アナリティクス 見方

google アナリティクス 見方

ブログを始めたがGoogleアナリティクスを使いこなせない。

ユーザー分析して検索流入を上げる対策をしたいが、用語や見方がわからず手が止まってしまう。

 

 

Googleアナリティクスは無料かつ高機能な解析ツールで、サイト内でのイベントのデータを取得・分析することができます。

 

 

今回は下記の方々に向けて記事を書きました。

 

・Googleアナリティクスのユーザー分析の見方がわからない。

・分析してSEO対策したいけど、データの分析や対策方法がわからない。

・ユーザーの傾向から検索流入を上げるための具体的な対策を見出したい。

 

 

先日下記のようなツイートをしました。

 

Googleアナリティクスで日々変動するデータを眺めるのは面白いです。

・じっくり記事を読んでもらいたい

・ユーザーと記事をベストマッチングさせたい

という思いがあり、直帰率やセッション時間を特に気にしています。

 

 

 

 

 

僕自身も最初はとりあえず登録したくらいで何もわからず、下記の問題がありました。

・ユーザーサマリーを眺めるも、分析も対策もできず、PVが上がらない

・そもそもアナリティクスを使う意義がわからない

・ブログを始めた時から使いこなせていればもっと早くPVを上げれたという後悔

 

 

 

しかし、個人でブログをやる上で、Googleアナリティクスのユーザー分析方法や、対策の打ち方を理解した結果、下記の成果が得られました。

・PV数が月平均1000→5000

・ユーザにマッチした記事を書ける

・ユーザの属性や行動を理解

・分析が面白い

 

 

ブログを運用するには、計画→実践→分析→対策を繰り返すことが非常に重要です。

 

 

今回は僕自身が実施している、Googleアナリティクスのユーザー分析方法と対策にフォーカスを当てて説明します。

 

どうぞご覧ください。

スポンサード リンク

Googleアナリティクスで今すぐ見るべき画面

Googleアナリティクスは画面・機能が多く、初心者にはどれから見ていいのかわかりません。

 

今回はユーザーサマリー画面についてご紹介します。

 

ユーザーサマリー画面の概要

google アナリティクス 見方

左のメニューの「ユーザー」→「概要」の順にクリックすると上記のような画面が見れます。

 

現状1週間分のデータが表示されています。(右上のボタンで週単位・月単位に切り替えも可能)

 

 

 google アナリティクス 見方

この画面では主に赤枠の数値を見て分析・対策をしていきます。

 

ユーザー

サイトに訪れたユーザ数です。

 

後に説明するセッションやページビューと絡みますが、同じ人が何回訪れてもカウントは1になります。

 

新規ユーザー

ユーザーの中で新規で訪れた人の数値です。

 

新しくサイトに来た人や、定期的に見てくれている人がどれくらいいるのかがわかります。

 

セッション

セッションはユーザーがサイトに接続して来た回数です。

 

ユーザー数や、後に説明するページビューと混同しないように注意が必要です。

 

ユーザー数は同じ人が何度訪れてもカウントは1ですが、セッションは増えます。

 

 

例えば昨日と今日、ユーザーAがサイトを訪れると、

・ユーザ数 : 1

・セッション : 2

 

になります。

 

ユーザーあたりのセッション

ユーザー一人当たりのセッション数です。

 

この数値が多いほどリピーターが多いことになります。

 

ページビュー

サイト内で見られたページの数でPVと略されます。

 

ユーザーとセッションとページビューは似ているので整理しておきます。

 

 

ユーザーAが昨日と今日サイトに訪れて、昨日3記事、今日2記事閲覧した場合

・ユーザー数 : 1

・セッション : 2

・ページビュー : 5

 

 

こんな感じです。

 

 

ユーザーが増えてもカウントは同じです。

 

ユーザーAが昨日と今日サイトに訪れて、昨日3記事、今日2記事閲覧

ユーザーBが今日の9:00と12:00と21:00にサイトに訪れて、10記事閲覧

・ユーザー数 : 2

・セッション : 5

・ページビュー : 15

 

AとBが来たのでユーザー数2

Aは昨日と今日の2回、Bは今日3回見に来たのでセッション5

二人で合計15記事見たのでページビュー15

 

ちなみにページビューは同じ記事をもう一度見てもカウントされます。

 

 

ページ/セッション

1セッションあたりのページビュー数です。

 

多いほど一回の接続で多くのページを見られていることになります。

 

平均セッション時間

ユーザーがサイトに留まっている時間です。

 

例えば読むのに1分かかる記事を、訪れたユーザー全員がしっかり読んだ場合、平均セッション時間は1分になります。

 

直帰率

最初に見たページから離脱してしまったユーザーの割合です。

 

記事Aを見てすぐにサイトから離れてしまったらそれは直帰と見なされます。

 

ユーザーサマリー画面の数値から見る分析方法と対策

8つの数値について解説しました。

 

・ユーザー

・新規ユーザー

・セッション

・ユーザーあたりのセッション数

・ページビュー

・ページ/セッション

・平均セッション時間

・直帰率

 

この中で実際に僕が見ている数値を使った分析方法と対策をご紹介します。

 

 

ページ/セッション

ページ/セッションは1セッションあたりのページビュー数です。

 

 

ユーザーが一回の接続で何回ページを移動したのか。

 

 

つまり、意図した導線を張れていればこの数値は上がります。

例えば

 

記事Aを読んだ人が興味がありそうな記事Bのリンクを、記事Aに設置する

①ページ/セッションの数値が高い

 →記事Aと記事Bの関連性が立証される。

  →ユーザーと記事のマッチングもできている

 

②ページ/セッションの数値が低い

 →記事Aにはより関連する記事Cをリンクにした方が良い可能性がある

 

このようなことが検証できます。

 

平均セッション時間

平均セッション時間はユーザー接続してから離脱するまでの時間です。

 

 

ユーザーが一回の接続で何分記事を見ていたのか。

 

 

ユーザーが最後まで興味を持って記事を読んでくれているとしたらこの数値は上がります。

例えば

 

全ての記事を2000文字(1分で読める、ページ/セッション数を1とする)で書く

①平均セッション時間が1分前後

 →ユーザーは最後まで記事を読んでいると言える。

  →つまりじっくり読んでくれている。

 

②平均セッション時間が1分未満

 →ユーザーは冒頭・あるいは途中で記事を読むのをやめた。

  →つまりユーザーと記事がマッチしていない。

 

 

直帰率

直帰率はユーザーが見た記事数が1の割合です。

 

ページ/セッションとも関連しますが、意図した導線を張れていないと直帰率は上がります。

 

 

直帰率を下げるためには最低2ページ閲覧してもらう必要があります。

 

 

 

①直帰率が限りなく100%に近い

→1ページ目でユーザーは離脱している。

 →ユーザーは途中で飽きた。ユーザーとのマッチングができていない。関連記事が興味を示されなかった。

 

②直帰率が低い

→ユーザーは2ページ以上閲覧している

 →他の興味のある記事に誘導できた。

 

直帰率はSEOにも影響します。

 

直帰率が高いのなら、ページ/セッションと合わせながら内部リンクを考察した方が良いです。

 

 

まとめ

Googleアナリティクスのユーザーサマリーについて、具体例を出しながら用語解説や、分析・対策方法を解説しました。

 

 

ユーザーサマリー以外にも優秀な機能があるので、次回以降記事を書きます。

 

 

「このページで離脱している」だとか、「このページの後どこに移動したか」なども知ることができます。

 

 

実際に自分のブログとアナリティクスを使ってデータ分析して見ると面白くなってくると思います。

 

 

日々分析と対策を行なっていきましょう。

 

 

 

 

 

google アナリティクス 見方
最新情報をチェックしよう!