注目キーワード
バターコーヒー ダイエット

バターコーヒーダイエットの方法と注意点: 脂でも確実に痩せる

 

バターコーヒー ダイエット

空腹で集中できず間食が多くなってしまう。

色々なダイエットを試すも結局効果が表れないし食欲は抑えられない。

効果の高いコーヒー系ダイエットを試してみたい。。

 

 

 

あなたはバターコーヒーをご存知でしょうか?

コーヒーにバターを溶かして飲む、バターコーヒーダイエットはものすごい満腹感を得られ、痩せる効果が高いです。

しかし、バターコーヒーはあまり知られておらず、実践している人は少ないです。

 

 

 

今回は下記のように思っているあなたに向けて記事を書かせて頂きました。

・バターコーヒーダイエットのやり方を知りたい

・バターコーヒーを簡単に続けられる方法を知りたい

・とにかく食事制限や運動などせずに痩せたい

 

 

 

 

僕自身は一度仕事上のストレスで

・仕事中も空腹で間食のお菓子を食べながらの作業
・結果1ヶ月で一気に8キロ太る

といった問題がありました。

 

 

仕事中はお腹も空いて食べなきゃ集中できないし、でもストレスとの相乗効果で太るし、本気で辛いですよね。。。

そんな中、仕事ばかりだった僕は、大人の財力を使って様々なダイエット方法を試しまして、バターコーヒーの効果について体感しつつ、コーヒーダイエットに成功しました。

痩せると体型だけでなく表情までも変わるので、仕事もうまくいくし、恋愛だってうまくいくようになります。

 

 

 

海外でも話題になっていて、メディアでもしばしば取り上げられるのがバターコーヒーダイエットです。

結論から言ってしまうと、バターコーヒーは痩せる効果に加えて、栄養価が非常に高くメリットばかりです。

 

 

 

今回はバターコーヒーダイエットについて、下記を中心に説明します。

・バターコーヒーのダイエット効果についての理屈
・バターコーヒーダイエットの具体的なやり方
・誰でも超簡単に続けられるバターコーヒーの紹介

 

 

どうぞご覧ください。

バターコーヒーはなぜダイエットになるのか:バターコーヒーダイエットの理屈

バターコーヒーダイエットの根本的な考え方が、「朝食ファスティング」です。(ファスティングは断食という意味です。)

人間は食べ物を食べてから消化するまでの1サイクルに、およそ18時間かかると言われています。

普通に朝・昼・晩と1日3回ご飯を食べると、18時間以内に次の食事がやってくるので、内臓を休めるための時間がありません。

 

 

朝食を抜くことで、夕食から次の昼食まで内臓を休ませ、効率的に体内の不純物を排出し、デトックス・ダイエットに繋げるのが「朝食ファスティング」です。

朝食を「バターコーヒー」に置き換えてしまうことで、消化をさせずに内臓が休む時間を増やすというわけです。

バターコーヒーには実はお腹の減りを抑える効果もあります。

バターコーヒーの効能① : 満腹感を継続させてダイエットをサポート

バターコーヒーには以下の特徴があります。

・脂溶性ビタミン(ビタミンA・ビタミンD・ビタミンE)が豊富
・不飽和脂肪酸が豊富(オリーブ油、キャノーラ油、大豆油、ナッツ類に含まれ、血液をサラサラにし中性脂肪を下げる)
・MCTオイルが含まれているため、効率的なエネルギー補給ができる

 

簡単に言うと超栄養価の高い脂が入っているんです。

脂なので腹持ちがすごく良く、なおかつ栄養価も高い。そんな素晴らしい脂です。

 

 

ちなみにMCTオイルは中鎖脂肪酸のことです。

M・・・(Medium ミディアム=中)

C・・・(chain チェーン=鎖)

T・・・(triglycerides トリグリセライド=中性脂肪)

バターコーヒーの効能② : 脂肪燃焼効果

朝食を炭水化物からバターコーヒーに置き換える。

こうすることで、身体は朝食の炭水化物から得られる糖の代わりに、体内の脂肪が分解された「ケトン体」をエネルギー源として消費します。

 

 

 普通に朝食に炭水化物を食べる場合

朝食で炭水化物を摂取

炭水化物から糖を摂取して朝のエネルギーにする

胃も使うし、食べたものがそのまま消化されるだけ。

 バターコーヒーを朝食にする場合

朝食でバターコーヒーを摂取

バターコーヒーの良質な脂肪とケトン体をエネルギーにする

胃を休めつつ、体の溜まった脂肪が使われる!!

 

 

「バターコーヒー」を通じて摂取した良質な脂質や、元々蓄積されていた脂質がここで使用されるので、身体の脂肪が分解するのを促します。

コーヒー自体にも脂肪燃焼効果があるので、バターとの相乗効果で非常に痩せやすい身体になります。

 

バターコーヒーの味わいは?

僕自身もバターコーヒーを飲んでみました。

 

バターコーヒー ダイエット

都内の「最強のバターコーヒー」で飲んだのですが、以下のような特徴があります。

 

・ミルクが入っているかのようなまろやかさと香りで美味

・とても濃厚で重たい

・飲んだ後3〜4時間お腹が減らない

 

 

正直「これはダイエット効果が抜群にあるに間違いない」と初めて飲んだとき感じました。

苦味も少なくコーヒーが苦手な人でも飲みやすいです。

コクがあってまろやかで普通に美味しいですよ。

ダイエットに効果的なバターコーヒーの作りかた

バターコーヒーを作るには、コーヒー以外に以下の材料・道具が必要です。

・グラスフェッドバター

・MCTオイル

・ブレンダーまたはミキサー

 

 

コーヒーはドリップしてもインスタントでもOKですが、必ず無糖にしてください。

バターコーヒーの材料・道具① : グラスフェッドバター

グラスフェッドバターは普通のバターと違って、餌に牧草だけを使って育てた牛の乳からつくられたバターです。

 

 

牛を育てるときには、牧草以外に穀物だったり、栄養剤を与えることが普通であるため、牧草だけで育てた牛は貴重で、それに伴って価値も高くなります。

しかし、脂肪燃焼効果のあるカロテンや、血液サラサラ効果のあるオメガ3脂肪酸が、通常の市販のバターよりも数倍入っています。

高級なバターです。

バターコーヒーの材料・道具② : MCTオイル

 

 

冒頭でも書きましたが、MCTオイルは中鎖脂肪酸のことです。

M・・・(Medium ミディアム=中)

C・・・(chain チェーン=鎖)

T・・・(triglycerides トリグリセライド=中性脂肪)

 

 

中鎖脂肪酸には以下のような効果があります。

・腹持ちを良くする

・脂肪燃焼を促進させる

・エネルギーとして使われやすい

 

 

つまり、朝食の代わりになりつつ、痩せる効果もあります。

こちらも高級なオイルです。

バターコーヒーの材料・道具③ : ブレンダー・ミキサー

 

先に紹介したグラスフェッドバターはお湯でも溶けにくいため、ブレンダーやミキサーがあると非常に便利です。

ブルーノのブレンダーは小さくて見た目もオシャレなのでおすすめです。

バターコーヒーは材料も高いし、毎日作るのも面倒臭い

バターコーヒー ダイエット

勘のいいあなたであればお察し頂けたかと思いますが、バターコーヒーは本格的に作るとなると、コストも手間もかなりかかります。

 

 

よっぽど意識が高くないと続けることができません。

そこで、かなりの低コストでダイエットを実践できるバターコーヒーを次にご紹介します。

 

誰でも簡単にダイエットを実践できるバターコーヒーを紹介

バターコーヒー ダイエット

バターコーヒーはオシャレに作ることができますが、結構めんどくさいので途中でやめてしまう人が多いです。

 

 

そこでおすすめしたいのがチャコールバターコーヒーです。

>> チャコールバターコーヒー

 

 

チャコールバターコーヒーは粉末のインスタントタイプで、非常に溶けやすくお湯でも水でも簡単に作ることができます。(牛乳やお茶で割ってもOK)

加えて小包装なので持ち運びも困らず、会社でも学校でも旅行先でも手軽に飲み続けられます。

バターやMCTオイル以外にもマカジンジャーなどの栄養素も豊富に含まれています。

Amazonでの評価も高く、口コミでも「ダイエット効果があった」という声が高く挙げられています。

 

 

 

公式サイトなら今ならキャンペーン中で、3箱買うともう一箱プレゼントなので、実質Amazonで買うよりも25%も安く買うことが可能です。

>> チャコールバターコーヒーの詳細・ご購入はこちら

バターコーヒーダイエット

バターコーヒーは美味しいし、腹持ちもよくストレスなくダイエットが可能な方法です。

 

 

朝食だけでなくおやつの代わりにもすれば、間食も防ぐことができます。

 

 

これはマジでおすすめのダイエット方法です。

完食防止になるし、飲むだけで痩せますからね!

とりあえず今日はバターコーヒーの凄さだけでも覚えて頂けると幸いです。

 

以上、「バターコーヒーダイエットの方法と注意点: 脂でも確実に痩せる」でした。