注目キーワード

誰でもブラックコーヒーを飲めるようになるためのたった3つの方法

様々なメリットがあるコーヒーを試したい人の中で

 

「砂糖やミルクなしじゃ飲めない」

「かっこよくブラックを飲むにはどうすればいいの?」

 

 

といった悩みを持っている人もいるかと思います。

 

 

今回は当記事でそんな悩みを解決します。

 

 

  本記事での主な内容

・コーヒーをブラックで飲めるようになりたい人向けの記事

・誰でもブラックコーヒーを徐々に飲めるようになる方法

・ブラックを楽しみながら飲めるようになる方法について解説

 

 

 

僕自身ははじめはブラックは大の苦手で、砂糖やミルクを入れて飲んでおりました。

>> バターコーヒーダイエットの方法と注意点: 脂でも確実に痩せる

 

 

 

しかし、今回紹介する方法で克服し今では大のコーヒー好きで毎日ブラックで飲んでいます。

 

 

さらには豆を購入して挽いていますし、インスタントだって毛嫌いしません。

 

 

 

今回はブラックコーヒーが飲めない方が、徐々に飲めるようになる具体的な方法をお話しします。

ブラックコーヒーはダイエットにもなるので非常にオススメです。

 僕はこれで1ヶ月で2キロ痩せました。
ブラックコーヒーが飲めなくてもコーヒーダイエットを実践可能です。
>> 圧倒的に続けやすくて効果の高いダイエットをしよう:僕自身試したコーヒーダイエット

 

どうぞご覧ください。

スポンサード リンク

商品ごとの味やコーヒー豆の種類を意識してみる

コーヒー ブラック ダイエット

缶コーヒーのメーカーの商品ごとの味

まずは敵を様々知ることが大切です。

 

 

例えば缶コーヒーはメーカーの商品ごとに味が様々です。

 

 

酸味が強いタイプや、苦味が強いタイプ、濃いめ、薄め、香りが強い、後味などいろんな角度から分けることができます。

 

 

自分がどのタイプが好きなのかは人によりますが、色々飲んでみてカテゴライズしてみると良いです。

 

コーヒー豆の種類

いきなり中級編になってしまうのですが、コーヒーは豆や焙煎方法によって味が全然違います。

 

 

コロンビアや、ルワンダという豆は酸味がやや強めだったり、深煎りの豆は苦味とコクが強かったりします。

 

 

 

僕自身はコーヒー豆も購入していて、手挽きのコーヒーミルで挽いてドリップしています。

 

 

 

缶コーヒーとは全然違う味わいになるので、入口としてはこっちの方が入りやすいと思います。

 

 

ミル自体は1000円くらいで買えるものもあります。

 

 

また、「趣味はコーヒーです」とか言うときにミルも持ってることも話せればかっこもつくと思います。

 

 

スターバックスでドリップコーヒーを頼むときは豆を選ぶことになるので、色々試してみるのもいいかもしれません。

 

 

店員さんに聞けば、どんな香りなのか、どんな味わいなのか、更には次で紹介するフードペアリングについても教えてくれます。

甘いものとブラックコーヒーのフードペアリング

コーヒー ブラック ダイエット

砂糖を入れずにブラックコーヒーを克服する効果的な方法としてフードペアリングがあります。

 

 

フードペアリングとは化学的に相性のいい食べ物と飲み物を合わせて食することです。

 

 

例えば

・赤ワインと肉

・ビールと餃子

・白ワインと魚

といった組み合わせです。

 

 

食べものと組み合わせると、コーヒーの良さに気づく人は結構います。

 

 

 

スターバックスのコーヒーセミナーでもフードペアリングは実施していて、コーヒーと甘いものは非常に相性がいいです。

 

 

 

喫茶店でコーヒーとケーキセットがあるのもこのためです。

 

 

 

例えば、チョコレートとコーヒーでのフードペリング方法としては、

 

チョコレートを食べて口に味わいが残っているうちにコーヒーを飲む。

コーヒーの味わいが残っている間に再びチョコレートを食べる。

→単体での味わい以外に合わせた味わいも楽しめる。

 

 

擬似的に砂糖を入れているようなイメージですが、互いの素材の味が楽しめるやり方で、ブラックコーヒー克服には非常に効果が高いと思います。

 

 

チョコやクッキー系がおすすめです。

 

食後のコーヒーブレイクを取り入れてみる

コーヒー ブラック ダイエット

よく、レストランのコースの最後にコーヒーか紅茶が出てきたり、コース以外でも飲み物は食前か、食後か聞かれたりすることがあると思います。

 

 

コーヒーは口の中に残っている香りや味わいによって風味が変わります。

 

 

味の濃いものを食べた後にブラックコーヒーを飲むと、苦手な人でも美味しく感じることがあります。

 

 

例えばカレーやラーメンの後のブラックコーヒーは効果が顕著にわかるかと思います。

 

 

コーヒーには消臭効果もあるので、ニンニク料理の後もおすすめです。

 

 

食後は眠くなるのでコーヒーのカフェインで眠気対策にもなります。

ブラックコーヒーまとめ

以上がブラックコーヒーを克服する方法でした。

 

僕自身も苦手な味わいのコーヒーがあったりするので、何種類かトライしてみるのがいいと思います。

 

 

コーヒーにはダイエット効果や集中力アップの効果があるので、仕事や勉強中に飲むのは非常におすすめです。

>> コーヒーで圧倒的にダイエットする方法はこちら

 

 

最新情報をチェックしよう!