注目キーワード
コーヒー ダイエット

コーヒーダイエットで1ヶ月-2キロの実績: 方法とダイエットコーヒーの紹介

コーヒーダイエットをやりたいがブラックが飲めない。

空腹で集中できず間食が多くなってしまう。

色々なダイエットを試すも結局効果が表れない。。。

 

 

 

このような悩みを解決するコーヒーとダイエット方法をご紹介します。

 

 

 

 

コーヒーはダイエットをサポートしてくれる手段ですが、ブラックの飲みづらさで断念する人が多いです。

 

 

 

今回は下記の方々に向けて記事を書きました。

  • コーヒーダイエットに興味があるが、ブラックが飲めない
  • ダイエットしたいが、空腹を抑えるための間食はやめられない
  • できれば楽に痩せたいし、太りにくくなりたい

 

 

 

僕自身は一度仕事のストレスで以下の問題がありました。

・仕事中も空腹で間食のお菓子を食べながらの作業

・結果1ヶ月で一気に8キロ太る

 

 

 

しかし、コーヒーに出会ってから、ダイエットコーヒーを毎日飲むようになり、今では元の体重に戻すことができたという実績ありです。

 

 

また、それだけでなく、現在もコーヒーを飲み続けていますが、今まで通りの間食を続けても太りにくくなりました。

 

 

どうしてもお腹が空いて集中できない人には間食は重要です。

 

 

太らずにお腹も満たせる方法があるとしたら、それはコーヒーです。

 

 

結局のところダイエットは何をやるかよりも、どれだけ続けられるかが重要です。

 

 

運動を継続するのは難しい人でも、コーヒーなどのに関わるダイエットなら継続がしやすいです。

 

 

 

 今回はそんなコーヒーについて、下記を中心に説明します。

  • 僕が実際に使用した、ブラックが苦手な人で飲めるほど美味しいダイエットコーヒーの紹介
  • コーヒーダイエットについての関係・理屈
  • 僕自身の実績と、試した具体的方法

 

 

 

どうぞご覧ください。

スポンサード リンク

おすすめのダイエットコーヒー

いきなり結論ですが、まずはおすすめのダイエットコーヒーをご紹介し、続いて関係性や理屈適切な飲み方などを解説します。

 

 

正直やり方はいたって単純で、どんなダイエットよりも楽です。今すぐ始めましょう。

 

 

これすらも今すぐ始めない人は他のダイエットも無理だと思っていただいた方が良いので、そこだけ頭の片隅にでも置いてもらえると幸いです。

 

 

 

コーヒーダイエットに使用するコーヒーはインスタントでも缶コーヒーでも、砂糖やミルクさえ入れなければOKです。

 

 

ブラックを飲める人なら問題ないのですが、苦手な人だと味がネックになります。

 

 

グラスフェッドバター、ギーなどの高級バターや、ココナッツオイルを入れて飲みやすくする手もありますが、そうすると値段と手間がネックになってきます。

 

 

ここでは簡単で飲みやすく、栄養価も高いコーヒー、味も美味しいコーヒーをご紹介します。

 

カフェテイン

コーヒー ダイエット

カフェテインは僕が今でも愛用している、非常におすすめのコーヒーです。

ダイエットコーヒーでいうとこれ一択かと思います。

なぜおすすめなのかというと、名前の通りコーヒーと同時にプロテインも摂れるからです。

 

 

僕のように筋肉を気にしている人には一石二鳥です。

普段の食事で定期的に摂れないプロテインを始めとして、アミノ酸やビタミン、酵素などの栄養素も入っています。

色々摂取できるものの、味わいは若干甘めのコーヒーで、苦味も少なくとても飲みやすいです。

 

 

青汁やスムージなんかよりも低カロリー栄養バランスも整いつつ、適度なプロテインも手に入ります。

 

 僕はこれで1ヶ月で2キロ痩せました! トータル-8キロ
ブラックコーヒーが飲めなくてもコーヒーダイエットを実践可能です。
>> 圧倒的に続けやすくて効果の高いダイエットをしよう:僕自身試したコーヒーダイエット

チャコールバターコーヒー

コーヒー ダイエット

バターコーヒーを朝食にすることでダイエットをサポートしてくれると聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。

バター・オイルを入れたコーヒーを飲むと驚くほどお腹がいっぱいになります。

 

 

 

コーヒー ダイエット

僕自身もバターコーヒーは飲んだことがありますが、とても濃厚で重たく、飲んだ後3〜4時間お腹が減りませんでした。

>> 僕も飲んだバターコーヒーに関する記事はこちら

 

 

これは朝食不要でいける! と確信するくらいの満腹感で驚きました。

味としてはあまりコーヒーの苦味は感じられず、コーヒーが苦手な人でも問題なく飲めるようなまろやかさです。

 

 

 

バターコーヒーは確かに満腹になりますが、実は高級なバター(グラスフェッドバターや、ギー)を使わなければなりません。

そのため導入コストが高く、しかも毎日作るのも面倒になって続けるのが難しいです。

 

 

 

そこでおすすめしたいのがチャコールバターコーヒーです。

>> チャコールバターコーヒー

 

 

 

チャコールバターコーヒーは粉末のインスタントタイプで、非常に溶けやすくお湯でも水でも簡単に作ることができます。(牛乳やお茶で割ってもOK)

加えて小包装なので持ち運びも困らず、会社でも学校でも旅行先でも手軽に飲み続けられます。

Amazonでの評価も高く、口コミでも「飲みやすくお腹が膨れた」という声が高く挙げられています。

 

公式サイトなら今ならキャンペーン中で、3箱買うともう一箱プレゼントなので、Amazonで買うよりも25%も安く買うことが可能です。

>> チャコールバターコーヒーの詳細・ご購入はこちら

 

 

 

一杯あたり50円なので、コンビニのコーヒーより安い価格で始められますので非常にお得です。

バターコーヒーは美味しいし、お腹も膨れ、楽をするには本当におすすめです。

コーヒーがダイエットをサポートする理由を解説

コーヒー ダイエット

 

次にコーヒーによる4つのダイエットとの関係・理屈を説明します。

(参考 : Wikipedia全日本コーヒー協会)

 

効果1 : 脂肪燃焼効率をサポート

コーヒーにはカフェインが含まれています。

 

 

このカフェインの働きとして挙げられるのが、脂肪分解酵素(リパーゼ)を活発にしてくれることです。

 

 

リパーゼは中性脂肪を燃焼させ、脂肪酸として血中に流してくれます。

 

 

また、コーヒーにはクロロゲン酸というポリフェノールが含まれています。

 

 

このクロロゲン酸の働きとしては、”体に溜まった脂肪“と”食事で取り入れた脂肪“の両方を燃焼させてくれることです。

コーヒーを飲む

カフェイン(脂肪分解を促す)

クロロゲン酸(身体中の脂肪を燃焼させる)

ダイエットをサポート

というサイクルができあがります。

 

 

筑波大学の研究によると、コーヒーを1日3倍飲んだグループが、飲まないグループよりも脂肪燃焼量が2倍に高まったそうです。

 

 

効果2 : 基礎代謝を上げてエネルギーを消費をサポート

基礎代謝とは1日中何もしなくても、生きているだけで勝手に消費されるエネルギー量のことです。

 

 

この量が多い人ほどエネルギーはたくさん消費され、痩せやすいとも言えます。

 

 

コーヒーに含まれるカフェインは血行を促進する効果があるので、結果として体温を上昇させてくれます。

 

 

体温が上がると基礎代謝量も増えるので、太りにくく痩せやすい体が出来上がります。

コーヒーを飲む

血行が良くなり体温が上がる

基礎代謝量があがる

ダイエットをサポート

というサイクルが出来上がります。

 

 

効果3 : 利尿作用による老廃物排出・代謝アップをサポート

コーヒーに含まれるカフェインには利尿作用の効果もあります。

 

 

トイレが近くなりますが、裏を返せば老廃物をガンガン排出できるということです。

 

 

不要な老廃物を排出することで代謝アップにも繋がります。

 

 

しかし、水も一緒に出てしまうので、適度に水分補給も行いましょう。

 

効果4 : コーヒーの香りによるリラックス効果

コーヒーをドリップしてから発生する香りには、約5分間だけアロマ成分が含まれているそうです。

 

 

この成分により、脳にα波が生じてリラックス効果が得られます。

 

 

ダイエット中のストレスを解消してくれることが期待できます。

 

 

コーヒーは豆で購入してミル挽きするのが香りが立つので非常におすすめです。

 

 

価格も安いし格好もつきます。

 

 

コーヒーダイエットのやり方

コーヒー ダイエット

アイスでも良いが、オススメはホットのブラック

コーヒーの効果を最大限に得るには、カフェインとクロロゲン酸の力を最大限得ることです。

 

 

これらを一番効率よく摂取するには、ホットコーヒーがオススメです。

 

 

ホットの場合、ドリップした方がアロマ(5分間)も発生するのでリラックス効果もあってオススメです。

 

 

もちろん缶コーヒーや、インスタントコーヒーでも大丈夫ですが、カロリーを抑えるために、砂糖やミルクは入っていないものにしましょう。

 

コーヒー + 最低限の運動

飲むだけでも脂肪燃焼効果があるコーヒーですが、運動と組み合わせるとさらに強いです。

 

 

脂肪燃焼は運動開始から20分後に始まると言われています。

コーヒーを飲む

運動開始

20分後〜

運動による脂肪燃焼とコーヒーによる脂肪燃焼サポートの相乗効果が得られる!

 

ということになります。

 

 

オススメの運動はランニングかウォーキングです。

 

 

運動するならプロテインも同時に取ると筋肉にも良いです。

 

 

ランニングに時間が取れない人は、朝食後にコーヒーを飲むことでいつもの通勤時も有効に使うことができます。

 

 

昼休みにコーヒーを飲んでちょっと歩くだけでも効果は得られるので、僕は平日の昼食後にオフィス周りをよく散歩していました。

 

運動ができないときは食後に飲むだけでも

コーヒーに含まれるカフェインには、食事で摂取した脂肪も、蓄積している脂肪も燃焼させる効果があります。

 

 

よって、普段の食事 + 食後のコーヒーだけでも脂肪の蓄積防止 + 脂肪燃焼サポート の効果を得られます。

 

 

僕の周りにも食後にコーヒーを飲む人は多く、大体の人は太っていません。(もちろん食べ過ぎてしまう人や、間食の多い人など例外もいますが。。。)

 

 

僕は仕事や趣味でデスクワークが多いため、コーヒーを飲みながら作業をするように心がけています。

 

 

最近の塾やオンラインスクール等でも、講義中や合間のコーヒーを推奨しているところもあるそうです。

入浴前に飲むのも効果あり

入浴時は体温が上がりますので、入浴前のコーヒーもおすすめです。

 

 

ただし、汗をかくのと、コーヒーの利尿作用により体の水分が失われやすくなります。

 

 

水分補給にも注意を払いましょう。

僕自身が行った具体的な方法

ダイエット開始時コーヒー ダイエット
1ヶ月経過段階コーヒー ダイエット

僕自身は元々56キロくらいだったのですが、仕事のストレスにより8キロ程度太りました。

 

 

コーヒーダイエットを始めてからは上記の画像のように1ヶ月でおよそ2キロ減量することができました。

 

 

そんな僕が行った具体的な方法を次でご紹介します。

 

飲んでいたコーヒー飲料

先ほどご紹介したカフェテインを中心に飲んでいました。

 僕はこれで1ヶ月で2キロ痩せました! トータル-8キロ
ブラックコーヒーが飲めなくてもコーヒーダイエットを実践可能です。
>> 圧倒的に続けやすくて効果の高いダイエットをしよう:僕自身試したコーヒーダイエット

 

 

一度に多めの量を飲むと胃が荒れてしまい、体にもよくないので、1日に複数回少量ずつ飲むようにしていました。

 

 

例えば朝に一回、午前中に会社で一回、昼食後と15時あたりにも一回づつ といった具合です。

平日の通勤時

まず朝は早めに起きて朝食はパンやヨーグルトを食べます。

 

 

食後にはゆっくりとホットコーヒーを飲んでから通勤します。

 

 

基本的には電車で座れないので立ちっぱなし&エスカレーターやエレベーターは使わず階段でカロリー消費を心がけました。

 

平日のオフィスにて

出勤したら午前中はアイスでコーヒーを飲む日もあります。

 

 

食前の体温が上がっていない状態ならアイスでも問題ないかと思います。

 

 

昼食は早めに食べて、ホットでコーヒーを飲み、オフィスの周りを散歩に行きます。

 

 

基本的に運動をしないので、通勤時や昼休みに体を動かすのは重要です。

 

 

夕方はお腹が空いてくるので間食はしていましたが、コーヒーを取り入れてからは間食をしても体重が増えなくなりました。

 

食後と入浴時

夕食後もホットコーヒーで一息ついてから、少々食休みします。(20〜30分程度テレビを観ながらゆったり)

 

 

※早寝をしなければならない場合は眠れなくなるので夜のコーヒーは控えていました。

 

 

その流れですぐ入浴するようにしていました。

 

 

もちろん水分補給も忘れずにです。

 

 

コーヒーダイエットの注意点・デメリット

コーヒー ダイエット

手軽さが売りのコーヒーダイエットですが、注意点やデメリットもあります。

 

 

ダイエットの逆効果にならないように気をつけて取り組みましょう。

 

注意点1 : 空腹時は飲まない

コーヒーに含まれるカフェインには胃酸の分泌を促進する効果があります。

 

 

これにより消化が進むので食後は問題ありません。

 

 

しかし、空腹時に胃酸の分泌が促されると負担がかかり胃が痛くなってしまいます。

 

 

空きっ腹に酒とコーヒーはやめておきましょう。

 

注意点2 : 就寝前は飲まない

よく聞く話ですが、コーヒーを飲むとカフェインの覚醒効果により、眠くなくなります。

 

 

仕事や勉強の時は集中力も高まり、メリットと言えますが、寝る前は不眠の原因となってしまいます。

 

 

カフェインの覚醒効果は4時間ほど持続すると言われているので、寝る前は飲まないようにしましょう。

 

 

もし気分的にどうしても飲みたい場合は、デカフェと呼ばれるカフェインが入っていないものもあるので、そちらで代用しましょう。

 

注意点3 : 口臭・歯の黄ばみに注意

コーヒーには消臭効果があると同時に、自身にも香りがあるため口の中で酸化すると口臭のもとになります。

 

 

また、色素が強いので歯に付着したままにすると徐々に黄ばみが進行します。

 

 

これらを同時に防ぐ方法としては、水を飲むのが効果的ですが、油断していた僕は放置して昼寝を繰り返してしまい、黄ばみが進行してしまいました。

 

 

もともと僕はカレーやワインが好きで歯の黄ばみが気になっていました。

 

 

これを機にホワイトニングにも手を出してみましたが、自宅で簡単にできて効果もあり、非常におすすめです。

>> 【歯磨き粉タイプで高コスパ】  超手軽で歯にも優しいおすすめホワイトニング用品

 

 

今では水を毎日会社に持っていき、コーヒーを飲みつつ水も飲むことで黄ばみ予防にしています。

 

 

ポイントは口内を洗い流すようなイメージで飲むことです。

 

 

利尿作用による脱水防止にも繋がりますし、黄ばみも防げます。

 

注意点4: 苦さを感じる人もいる

こんなに効果のあるコーヒーですが、人によっては美味しく感じない人もいます。

 

 

そこで砂糖やミルクも入れたら元も子もありません。

 

 

でもご安心ください。

 

 

先ほど紹介したダイエットコーヒーでしたら、味も美味しくて、普通のコーヒーよりダイエットサポート効果もあります。

 

コーヒー好き・ダイエットを実践して痩せた芸能人

コーヒー ダイエット

最後に芸能界でもコーヒー好きと言われている芸能人の一部をご紹介したいと思います。

 

明石家さんまさん

コーヒーのCMも努め、収録の際には必ず缶コーヒーを飲んでいるほどのコーヒー好き。

 

千原ジュニアさん

“どんなに寝坊してもコーヒーを飲まないことには1日が始まらない” と明言するほど

 

 

アメトークの喫茶店大好き芸人にも出演し、コーヒーに語っていました。

 

森泉さん

アメリカ留学から帰国後にコーヒーショップで働いていた経験もあるほど

 

浜崎あゆみさん

女性誌に激太り写真を掲載された時、コーヒーダイエットを実践。

以後スリムな体に。

 

 

皆さん30歳は超えていて、太りやすくなってくる年齢とも言えますが、どの方も太ってはいません。寧ろスリムと言えます。

 

浜崎あゆみさんは実際にコーヒーダイエットを実践した方の一人でもあります。

 

 

本田圭佑さん

サッカー界ではコーヒー好きで有名です。

 

イタリアの名門ACミランにいた頃には様々なローストカンパニーを訪れていたそうですよ。

コーヒーダイエットのまとめ

コーヒーダイエットはコーヒーを食後に飲むだけの手軽さでできるダイエット方法です。

 

 

普段から歩いている人は、日常生活にコーヒーを取り入れるだけでダイエットになります。

 

 

加えて20分以上の運動を行うと最大限の効果が得られますし、ダイエットコーヒーで実践すればさらなる効果も見込めます。

 

 

正しく行えば誰でもできて効果のある方法なので、本気で取り組みたい人はこの記事を読み終えたらすぐにでも始めてみましょう。

>> カフェテイン

>> チャコールバターコーヒー

 

 

繰り返しですが、結局のところダイエットは何をやるかよりも、どれだけ続けられるかが重要です。

 僕はこれで1ヶ月で2キロ痩せました! トータル-8キロ
ブラックコーヒーが飲めなくてもコーヒーダイエットを実践可能です。
>> 圧倒的に続けやすくて効果の高いダイエットをしよう:僕自身試したコーヒーダイエット

 

 

運動を継続するのは難しい人でも、コーヒーなどの食に関わるダイエットなら継続しやすいです。

 

 

人間は必ず食べなければならないので。

 

 

 

コーヒーグッズも揃えればもう趣味はコーヒーです。

 

コーヒー ダイエット
最新情報をチェックしよう!