注目キーワード
ブログ 読みやすい

成功者から学んだ劇的に読みやすいブログの書き方5選

ブログ 読みやすい

最後まで記事を読んでほしい。

ブログの離脱率が高く、セッション時間が短い。。。

 

 

記事をユーザに最後まで読んでもらうためには読みやすいライティングが非常に重要です。

 

 

 

僕自身、読みやすい記事に気づくまで下記の問題がありました。

・すぐ離脱されるし、PVも増えない

・検索の上位にもなかなか表示されない

・もはや自分で読んでも読みにくい

 

 

 

読みにくい記事はユーザは最後まで読んでくれず、結果として上記のような問題が生まれてしまいます。

 

 

 

 

しかし、読みやすいブログはなぜあんなにも読みやすいのかを考え、実践したところ下記の成果が得られました。

・検索上位に表示されるようになった

・最後までブログが読まれ、他の記事も見てもらえるようになった

・結果としてPVアップに繋がった

 

 

 

日々さまざまな方のブログを拝見させて頂いているのですが、読みやすい方のブログを見ていてよくこう思います。

途中で離脱する気が起きず、最後まで読んでみたい。

 

 

 

こういった思いをユーザに持たせるのは普通に凄い事だと思います。

 

 

 

適当に検索して見つけた記事を読み始めても、大半はすぐ読む気が途中で無くなって途中で離脱してしまいます。

 

 

読みづらい記事を最後まで読むことはごく稀です。

 

 

 

どんな記事を書いたら、自分自身の記事が離脱されずに最後まで読まれるか。

 

 

それは、ブログで成功している人のノウハウを取り入れることです。

 

 

特に稼いでいるブログは初心者ブロガーにとってはノウハウに溢れかえっています。

 

 

今回はそんなブロガーの先輩たちの記事がなぜ読みやすいか、読みやすい記事の書き方をまとめました。

 

どうぞご覧ください。

スポンサード リンク

読みやすいブログの記事を最後まで読める理由

僕が読みやすいブログの特徴として考えた理由・実践している方法は5つです。

 

読みやすいブログは密度高めの短文が多い

この点は人によって考えが分かれるかもしれません。

 

 

僕自身の感覚としては文章は「短い方が良い」と考えています。

 

 

例えばスマホで記事を読むとき、改行があまり使われていない記事は読む気が失せていってしまいます。一方で読みやすい記事では改行が多めで、「文章の密度は高いのに簡潔にまとめられている」初心者ブロガーが取り入れるべき手法なのではないかと思います。

 

 

 

 

上記の文章は、あえて改行を使わないで文章を書いてみました。

 

 

読みづらさを感じていただけましたでしょうか。

 

 

この文章だとスマホで開いた時に、画面が文字で埋め尽くされかなり見にくく読みにくいです。

 

 

あまりにも長文で改行も無いとなると、視界が文字で埋め尽くされて疲れます。

 

 

その点、無駄が一切ない記事は、読者の事をしっかり考えて書いてくれているのだと感じます。

 

 

読まれるブログを書く為には、どんな文章構成なら読者が最後まで読んでくれるか考えるべきです。

 

文章のみで記述しない

読みやすい記事は、文章以外の要素を多用していて、文章のみで書かれているということが非常に少ないです。

 

例えば以下の記述パターンです。

 

1. 見出し

2. TweetやInstagramのリンク

3. 掘り下げた文章(5行くらいの短文)

4. 箇条書きの一覧

5. 画像や写真、図、グラフ

6. 次の見出し

 

 

1→6の様に書き進めていて「読者に最後まで読ませる工夫」がされています。

 

 

読みやすいブログは見出しが多め

読みやすい記事は構成を見ていると、大小の見出しをとても多く活用しているように見えます。

 

 

見出しが多いと以下のメリットがあります。

 

・記事の構成・全体感がわかりやすい

・文章にまとまりができてライティング・リライトも楽になる

・SEO対策にもなる

 

 

 

正直、見出しは少なくなってしまいがちな要素で、見出しが減ることで長い文章を書いてしまう原因になります。

 

 

僕の場合ですと、文章の下書き段階でテンプレを使って書いているのですが、サラで記事を書くと「見出しが少ない文章」が出来上がります。

 

 

見出しを意識的に増やしてみるのも、最後まで読んでもらう文章を作る上で重要な要素です。

 

読みやすいブログは箇条書きを利用

本記事は上記を意識して

「見出し→短文→箇条書き」

 

 

このやり方を多用している人は多く、非常に見やすい記事になっています。

 

 

また、重要な箇所のポイントを箇条書きにすると、ユーザは情報をインプットしやすくなり、結果として読者の理解につながります。

 

 

理解しやすい記事は飽きることなく最後まで読まれます。

 

商品の押し売りをしない

読みやすい記事を書く人は商品を押し売りすることは絶対にないです。

 

 

 

商品紹介やレビュー記事でも「なんとしてもこれを買ってください」という、がめつい気持ちが読み取れません。

 

 

押し売る文を書かないことで読みやすくなり、結果として信頼のあるサイトとして読者に認められるのではないかと思います。

 

まとめ

以上が僕が感じている読みやすい記事の特徴です。

 

 

 

繰り返しですが、成功しているのブログはノウハウに溢れているので、自分なりに分析して、取り入れられる部分を吸収しましょう。

 

 

そこに自分なりのアレンジを加える事で、「自分だけのオリジナリティ」感ある記事が書けるはずです。

 

ブログ 読みやすい
最新情報をチェックしよう!