注目キーワード
google adsense 10記事

Googleアドセンスの審査を10記事で通過した時のポイントと最近の対策

google adsense 10記事

当ブログでは現在、月にGoogleアドセンスのみで6000~8000円稼いでおります。

 

中には10万以上稼ぐ人もいますが、給料にプラスで8000円でも毎月あるとかなり大きいですよね。

飲み会に2回行けたり、コース料理を食べたりできます。

 

以前下記のツイートをしました。

 

初心者ブロガーの方で、「Googleアドセンスで稼ぎたい」「アドセンスの審査を合格する条件、方法がわからない」という悩みを持つ方もいるかと思います。

 

今回は当記事でそんな悩みを解決します。

 

本記事での主な内容

・ブログ初心者でアドセンスに早く合格したい人向けの記事

・10記事でアドセンス合格は可能

・10記事で合格するために当ブログで実施したことを紹介

・最近のGoogleアドセンスの合格条件を考察

 

当ブログでは一度はGoogleアドセンスの審査に落ちたものの、分析調査を行い、10記事で再申請して合格しました。

 

一度落ちているということは、落ちた時と受かった時の差分が合格に足りなかったものということです。

 

このあたりの詳細も説明します。

 

 

合格条件が変わってきているので、少々情報は古いかもしれませんが、ブログとして品質を高める手順には確実になると思います。

 

また、最近の合格条件についてもTwitter等から調査・考察したので、当記事を読みますと、Googleアドセンスの審査合格への近道になると思います。

 

どうぞご覧ください。

 

Googleアドセンスとは?

google adsense

GoogleアドセンスはGoogleが提供しているクリック報酬型の広告です。

 

ブログに貼ると読者のニーズに合わせた広告を表示してくれたり、記事に紛れて広告を自動で表示してくれる優れものです。

 

何かを売る必要もなく、広告をクリックしてもらうだけで稼げます。

 

ブログ初心者でも、集客さえ見込めれば稼ぎやすいのが特徴です。

 

1クリックあたりの単価は表示される広告にもよります。(数十円〜数百円)

 

PVさえ集まれば稼げてしまうので、ブログで稼いでいるほとんどの人はGoogleアドセンスを使用していると思います。

 

本記事にも貼られています。

スポンサード リンク

広告内容は人によって変わるので、僕は今何が表示されているのかも、クリックされるとどんなページに飛ぶのかも知りません。

恐らくあなたが興味のあることかつ優良な情報が表示されていると思います。

 

そのため他の広告よりも設置が楽な上に、クリック率も高くなる傾向があります。

 

受からないけど収益化したい人はA8.netなどのASPサイトに登録しておきましょう。

>> A8.net

 

10記事でGoogleアドセンス合格は可能か

結論から言うと、10記事程度での合格は現在(2019/01/19)でも可能だと思います。

 

当ブログではある対策を実施したのち10記事で申請し、合格しました。

 

中には最近でも5記事くらいで受かる強者もいますが、10記事で受かっている人はTwitter等でもちらほら見かけます。

 

寧ろ最近は記事数が多いと、その分記事の品質レベルや統一性が分散しているようで落ちる。

60→15くらいに絞ったら受かった。などという意見も聞きます。

 

10記事で合格するために実施したこと

僕自身は一度審査に落ちていて、1回目は記事数でいうと6記事でチャレンジしました。

 

記事数以外にもブログの問題点を調査・対策したことを以下にまとめます。

 

文字数を増やす 1500→2000以上

文字数は大事な要素だと思います。

 

1回目の審査で落ちたとき、公開していた記事は平均で約1500文字だったのですが、

 

2回目の審査前には文字数を平均で約2000文字まで増やしました。

 

どうしても文字数を増やしずらい記事は、一旦非公開にしたりして、公開記事に文字数を増やすといいと思います。

 

申請期間に更新し続ける

これは合格に必要とよく言われていることです。

 

 

Googleとしても定期的に更新しているブログはこれからも運営が見込まれる良いブログと判断すると考えられますので、審査中の記事の追加、リライトは必須だと思います。

 

 

僕自身も申請してから、全部リライトしながら最終的には3記事追加しました。

 

よって、正確には2回目の申請時には10記事で、合格時には13記事を公開していました。

 

 

おそらく、5記事で受かったという人の中にも審査中の記事の追加をしている人はいて、最終的には増えているのでは?と思っています。

 

サーチコンソールとアナリティクス登録・利用

両方ともGoogleが提供している無料のアクセス解析ツールです。

 

サーチコンソール

→検索クエリのボリュームやクリック率などを知れる。Googleにindexの追加依頼をできる。

 

アナリティクス

→サイトのアクセス数や、ユーザの行動などを解析できる。

 

 

どちらもブログを始めて、SEO対策・分析・改善していくためには必要なツールですので、これを利用しているかも大きなポイントだと思います。

 

特にサーチコンソールを使ってindex登録リクエストをすると、Googleの検索結果にあなたのページが出てくるような依頼ができます。

 

検索結果に出てくる

→あなたのブログを見る人が増える

→貼ってあるGoogleアドセンス広告をクリックする人が増える

→Googleはアドセンスを提供するメリットになる

 

 

上記の2つはブログを運営する上では必ず役に立つので、登録していない人はすぐに登録しましょう。

 

ジャンルを絞った記事を書く

記事を増やしたわけですが、当時は一眼レフ系の記事に絞って増やしました。

 

ブログとしてテーマが決まっているというのは、Google的にも評価のポイントになると思っています。

 

雑記ブログを目指しているにしても、最初だけは絞った方がいいかもしれません

 

画像を入れる

画像や動画は記事をわかりやすくするため、SEO対策にもなると言われています。

 

僕の場合、1回目の審査時にはほとんど画像がなかったので、要所要所に写真や図を入れて説明できるようにリライトしました。

 

また、最初は一眼レフ系の記事に絞っていたので、写真として自分で撮影したものを使ってオリジナリティを出そうとしていました。

 

また画像自体のタイトルや代替テキストも適当にせず、SEOキーワードを設定しました。

 

最近の合格条件を調査・考察

Googleアドセンスの審査合格条件は年々変わります。

 

5年ほど前は審査なんてあって無いようなレベルだったにも関わらず、最近では多くの人が合格のために試行錯誤しているほど難易度が上がりました。

 

合格条件は正確には誰にもわかりませんが、これを実施したら合格したという条件を調査・考察してみました。

 

プライバシーポリシーを設定

当ブログではプロフィールページに記載しています。

 

プライバシーポリシーは、「当ブログではGoogleアドセンスやアクセス解析ツールを使っていますが、個人情報は悪用しません」などといったポリシーを記載したものです。

 

基本は固定ページを作成して、ググっていただいた内容をコピペで問題ないと思います。

 

Googleアドセンスに合格してアドセンス広告を貼る際には、プライバシーポリシーが必須になりますので、あらかじめ作っておくのが良いのではないでしょうか。

 

問い合わせフォームを設定

当ブログでは以下に設定しています。

>> お問い合わせフォーム

 

お問い合わせフォームを設置すると、ブログを見ているユーザーからの意見・質問を受け取ることができます。

 

その他にも、企業広告主から直接仕事依頼や広告設置依頼を受けることもあります。

 

ブログの信頼性にも繋がりますので、ブログで広告を導入して収入を得たいのなら設置したほうがいいと思います。

 

自分の意見・体験談を入れる

最近は質の良いコンテンツとしてオリジナリティが求められています。

 

ネットで調べれば出てくるような内容はオリジナリティは無いですし、パクられる可能性も高いです。

 

ここで自分自身の経験や意見を盛り込むと、それはあなたにしか語れない有益な情報になり、同じような問題を持つ人への大きな手助けになります。

 

この辺りはSEO対策にも言われていることですが、Googleアドセンスにも適用されると思います。

 

まとめ

さていかがだったでしょうか。

 

当記事も僕自身が実践したことを書いています。アドセンス審査突破に悩む方々の手助けに少しでもなれば幸いです。

 

Googleアドセンス突破方法まとめ

・記事数を10くらいにする

・文字数を増やす 1500→2000以上

・申請期間に更新し続ける

・サーチコンソールとアナリティクス登録・利用

・ジャンルを絞った記事を書く

・画像を入れる

 

・プライバシーポリシー

・お問い合わせフォーム

・自分の意見・体験談を書く

 

 

まずは収益化しながらアドセンスチャレンジを目指すのもありだと思います。A8.netなどのASPサイトにも登録しておきましょう。

>> A8.net

 

google adsense 10記事
最新情報をチェックしよう!