注目キーワード
Lightroom 初心者

Adobe Lightroom初心者が覚えるべき3つの使い方

以前、Adobe Lightroomを購入しました。

 

 

プロの方も使用している秀逸なソフトで、機能が大変豊富です。

 

 

レイアウトが見やすく操作しやすいので、初心者の方でも手を出せます。

 

 

今回はAdobe Lightroomで写真編集を行うために、覚えるべき3つのことを初心者目線でご紹介したいと思います。

>> 究極の写真編集アプリ Adobe Lightroomを導入

スポンサード リンク

 

Lightroomで編集したい写真を読み込む

まずはRAW形式で保存された写真ファイルを読み込ませる必要があります。

 

 

Adobe Lightroomを起動し、左下の「読み込み」ボタンを押します。

(今、中心にある写真は前回の記事で読み込んだものが残っております。)

Lightroom 初心者

 

 

写真が保存されているフォルダを選択します。

今回は外付けHDD内の

「test_folder」に一枚用意しています。

Lightroom 初心者

 

 

対象フォルダを選択して、

右下の「読み込み」ボタンを押します。

Lightroom 初心者

 

カタログに読み込まれました。

Adobe Lightroomではカタログと呼ばれる仮想領域に写真をコピーして編集を行えます。

 

読み込んだ写真をLightroomで編集する

上部にある「現像」ボタンを押すと編集画面に切り替わります。

Lightroom 初心者

 

右のパネルで詳細にいじれますが、今回は左のパネルで一発編集をしてみましょう。

 

左のプリセットから

Lightroom 初心者

 

プリセットの「古い写真」を選択すると上図のように写真が一発編集されます。

古い写真」を選択したので色あせた感じになりました。

 

Adobe Lightroomでは保存はカタログ上で自動で行われているので、特に自分で保存ボタンを押す操作は必要ありません。

 

ちなみに自分で編集した設定を他の写真にも適用したいときはユーザープリセットとして保存しておくことが可能です。

 

Lightroomで編集した写真を書き出す

さて、ここまでで編集が終わりました。

この写真をSNSやブログにアップしたり、プリントして飾ったりと、外部で利用したいときは、編集した写真を書き出す必要があります。

Lightroom 初心者

 

先ほどの編集画面のまま、ファイル → 書き出し を押します。

 

オプション画面が開くので、出力されるファイルの形式や、ピクセル、解像度、出力先、画質等を選択できます。

 

今回はデスクトップの「output_folder」にJPEG形式で出力しました。

Lightroom 初心者

 

 

 

 

早速、本記事にアップロードしました。

Lightroom 初心者

 

 

編集結果が反映されています。

 

編集する前のファイルは?

Adobe Lightroomの良いところは非破壊編集ができるところです。カタログという仮想領域にファイルをコピーしているため、元々のファイルはノータッチです。

Lightroom 初心者

Lightroom 初心者

 

 

再編集したいときはカタログ上のファイルを編集して書き出します。

 

元ファイルを再読み込みして、1から再編集だってできます。

 

まとめ

今回はAdobe Lightroomを用いた、初心者向けの基本的な写真編集の流れをまとめてみました。

>> Lightroomの編集でボツ写真を作品にしてみた

>> スマホでも一眼レフでも! かっこよくなる写真編集のアイデア20選

 

 

編集するにあたって、基本的な一眼レフの撮り方は抑える必要があります。

>> 一眼レフの撮り方で抑えるべき5つの重要ポイント【初心者におすすめ】

 

 

 

例としてプリセットで編集しましたが、素晴らしい機能が多すぎてプリセットを使うのは正直もったいないくらいです。

 

 

 

Lightroom 初心者
最新情報をチェックしよう!