注目キーワード
昼休み やること ない

社会人の昼休みを最高に有意義にするための過ごし方【柔軟な昼休み】

昼休み やること ない

会社勤めの社会人の中で、「昼休みにやることがない」「有意義ではない」と思っている人もいるのではないでしょうか。

 

今回はこんな悩みを解決します。

 

 

本記事での主な内容

・昼休みの有意義さについて考えている社会人向け

・昼休みを有意義にするにはどうすべきかがわかる

・それでも昼休みにやることがない場合はどうするか解説

 

 

実際、「昼休みは常に上司や同僚とランチ」「昼寝やゲームをしている」という人もいるかと思います。

 

果たしてその昼休みは本当に有意義なのでしょうか?

 

 

以前、下記のようなツイートをさせて頂いたのですが、ルーティンな昼休みは有意義でないと僕は思っています。

 

今日公開した記事を書いてて思ったのが、昼休みについてです。

昼寝やラインなど、人それぞれですが、ルーティンな昼休みにしないのが1番有意義だと思います。

 例えば毎日同僚とランチに行くのがルーティンだと自分の時間が限られるからです。

 

 

こちらをもう少し掘り下げつつ、昼休みについて考えてみました。

 

スポンサード リンク

あなたの昼休みは本当に有意義か

昼休み やること ない

大抵の人は上司や同僚とランチに行ったり、スマホを操作していたり、昼休み中も仕事をしているなんて人もいるかもしれません。

 

本当にその昼休みの使い方は、あなたにとって最高に有意義なのでしょうか。

 

※ランチでの情報収集・スマホでゲーム・早く帰りたいから仕事する といった理由で有意義だと感じている人もいるはずですので、そういった人はこの先読む必要はないかもしれません。

 

以前こちらの記事で、社会人の自由時間について書かせて頂きました。

>> 出会いや時間のない社会人の1日は?自由時間はどれくらいか計算してみた

 

たかが1時間かもしれませんが、時間のない社会人にとっては貴重な時間ですよね。

 

 

ルーティンな昼休みは自分の時間が減る要因

毎日誰かとランチに行くのがルーティンになっている人は、自分だけの時間を大きく減らしていると思います。

 

 

・12:00-13:00が昼休みの場合

  12:00  ランチに向かう

  12:45  食べ終わって食後の会話をする

  12:55  自席に戻って歯磨きや午後の準備をする

  13:00  午後の業務開始

 

ランチの混み具合によって食事時間は変わるかと思いますが、だいたいこんな感じだと思います。

これを毎日やっている人は、自分の好きなことをやる時間ってほぼ無いですよね。

 

昼休みを有意義にするにはどうすべきか?

ルーティンな昼休みを辞め、柔軟性を持った昼休みにすべきだと思います。

 

例えば、ランチは一人で食べ、食べながら好きなことをやったり、食べた後も好きなことをやったほうが圧倒的に有意義です。

 

とはいえ、付き合い上ランチに行く必要があったり、たまには同僚と愚痴をこぼしあったりももちろん大事なので、週に何回かは誰かとランチに行ったほうがいいとも思います。

 

そういった柔軟性を持った昼休みにするためにも、意味のないルーティンランチはやめたほうがいいです。

昼休みにやることがない場合

本当に昼休みにやることがなくて、昼寝している人や、スマホでゲームしている人もいるかもしれません。

 

もちろんそれも全然ありなのですが、有意義な過ごし方をいくつかご紹介しておきます。

しっかり昼ご飯を食べる

稀に食べない人もいるのですが、お昼ご飯はしっかり食べてください。

 

お腹が空いていると頭も回転しないし、集中力が落ちたり、イライラしたり、悪いことばかりです。

 

ちょっとでもいいのでしっかり食べたほうが1日の能率が上がるはずです。

 

コーヒーを飲む

コーヒーにはリラックス効果など様々なメリットがあるのでおすすめです。

 

自宅や職場で淹れるもよし、自販機やコンビニ、カフェで買うのもいいかと思います。

 

僕は毎日コーヒーを飲みながら仕事しています。

>> コーヒーを飲む人が細い4つの理由。1ヶ月で-2キロのコーヒーダイエット方法

 

瞑想・昼寝をする

瞑想は脳内をクリアにすることで、その後の仕事効率が上がると言われています。

 

ストレスや雑念をクリアしつつ、リラックス効果も期待できるので5分くらい目をつぶって瞑想してみるのもいいかもしれません。

 

また、昼寝は20~30分すると、眠気や疲れも取れた上に頭もスッキリするという科学的な結果もあるそうです。

 

実際僕自身も眠くてどうしようもない時があるのですが、その場合軽く昼寝をしています。

 

軽く運動をする

スーツを着ている人もいるので、がっつりはできないものの、コンビニやカフェに行くついでに散歩もできればリフレッシュできます。

 

コーヒーを飲んで運動するとダイエット効果もあります。

 

会社にジムやシャワー室がある場合は、20分くらい筋トレやストレッチをやるのもスッキリしていいかもしれません。

 

仕事をする

休憩は1時間取るべきです。

 

しかし、もしも残業30分が確定しているなら、昼休みに30分で片付けてしまえば定時で帰れますよね。

 

また、見なし残業等で残業をしない方が得な会社の場合も同様です。

 

後々の自由時間を確保するために昼休みを使う、これもまた有意義かと思います。

 

しかし、休憩しなすぎて午後の作業に影響が出ないように注意は必要です。

 

平日しかできないことをする

例えば市役所や銀行などです。

有給をとって一気に片付けるものいいかもしれませんが、小出しに昼休みにちょこちょこ進めるのもありです。

 

美容院に行く

職場の近くに行きつけがあるのならこれもありだと思います。

30分で仕上げてもらえばご飯も食べれるし、イメージチェンジもできて、ちょっとした笑いも取れます。

美容院は休日は貴重なので平日に済ませたいところ。ちなみに僕は出社前によく行きます。

 

 

まとめ

昼休みの過ごし方について、いかがだったでしょうか。

 

僕自身このブログを運営していて、執筆時間が圧倒的に足りないと思っていて、以下の記事を書きながら昼休みについて、今回考察してみました。

>> 会社員が毎日ブログを書く方法3選【ブログを書く時間がない人向け】

 

実際、基本一人で昼ご飯を食べていて、ブログの記事を書きながら株をみたり、非常に有意義な自分だけの時間を過ごしています。

 

もちろん、仕事仲間とも仲が悪いわけではないので、定期的にランチにいったりしています。

 

 

昼休み やること ない
最新情報をチェックしよう!