注目キーワード

プリウスにレーダー探知機を取り付けてわかったポイントとおすすめ探知機

レーダー探知機導入検討中の方の中で、「車にレーダー探知機を自分で取り付けたい。」「おすすめのレーダー探知機を知りたい。」

 

 

といった悩みを持っている人もいるかと思います。

 

 

そんな悩みを当記事で解決します。

 

 

  本記事での主な内容

・レーダー探知機を購入して自分で取り付けたい人向けの記事

・レーダー探知機は自分で簡単に取り付け可能。方法を解説。

・おすすめのレーダー探知機について

 

高速道路や街中では、オービスや覆面パトカー巡回、ネズミ捕りなどの取締ポイントが一定数あります。

 

 

そんな時に重宝するのがレーダー探知機です。

 

 

今回はプリウスに、コムテックレーダー探知機をOBDⅡで接続し、取り付けてみましたので、取り付け方や、使用してみての感想を中心にまとめます。

(OBDⅡは車のコンピュータにつなぐ方法です。詳細は後述します。)

 

 

お店に持っていくと3000円ほどかかるようですが、素人の僕でも非常に簡単に取り付けできたので、取り付け方やコードの収納方法などまとめてみました。

 

 

本記事の手順で実践すればお店に持って行く必要はなくなります。

お持ちの車種がプリウスでなくても参考になると思いますので、どうぞご覧ください。

スポンサード リンク

購入したレーダー探知機一覧

今回購入したのはこちらです。

 

ミラー型もかっこいいと思いましたが、以下の理由から、置き型タイプにしました。

  • ミラーの視野が狭くなる。
  • 上に視線を持っていくのが危ない。

 

 

それでは早速開けてみます。

コムテック プリウス レーダー

 

まずはレーダー探知機本体です。

コムテック プリウス レーダー

 

厚みはとしては薄すぎず厚すぎずで、手のひらサイズです。

ダッシュボードに置く分には大きさ的に問題はありません。

コムテック プリウス レーダー

 

その他はリモコン(右)と設置台(下)、シガー接続用アダプタ(左)、サンバイザー用取り付けクリップ(上)

コムテック プリウス レーダー

 

そして別売りのOBDⅡアダプターです。

コムテック プリウス レーダー

 

レーダー探知機の電源の取り方としてOBDⅡやシガー、ヒューズ等ありますが、今回はOBDⅡで接続をしてみようと思います。

 

レーダー探知機の取り付け方法

コムテック プリウス レーダー

まずはプリウスにOBDⅡアダプタを接続してみます。

場所はアクセルペダルのちょうど真上にあります。

 

下から覗き込むとOBDⅡの白い接続口が見えるので、そこにドッキングします。

コムテック プリウス レーダー

 

こんな感じになりました。

コムテック プリウス レーダー

 

これでとりあえず電源が入るので、ポジションを決めてみました。

運転席から見て右前に設置しました。

コムテック プリウス レーダー

電源も入ったしポジションも決まったし、これでOKです。

 

 

さて、ここに来て問題が発生しました。。。

 

 

 

コードが長すぎて非常に邪魔です。

コムテック プリウス レーダー

こいつをスマートに収納していきたいと思います。

まずはレーダー探知機側のコードですが、

 

コムテック プリウス レーダー

 

ドアとの境目のゴムの中に指で押し込んで隠していきます。

コムテック プリウス レーダー

ゴムが硬い部分は定規とかで押し込んでいきます。

下の方まで到達しました。

コムテック プリウス レーダー

 

次にプリウス接続側ですが、コードは極力まとめてコンパクトにします。

コムテック プリウス レーダー

 

そしてOBD接続端子が付いてあるパネル裏の右奥に小さなスペースがあるので、まとめたコードをうまい具合に隠します。

コムテック プリウス レーダー

 

こんな感じに収納できました。

コムテック プリウス レーダー

アクセルを踏む時にコードが引っかかると大変危険なので、邪魔にならないようにしっかり隠しましょう!

シガー接続でもレーダー探知機を設置してみた

シガーでも一発接続してみました。

コムテック プリウス レーダー

運転席と助手席の間にシガー接続用アダプターを挿します。

 

これで電源は取れますが、レーダ探知機との距離が遠いのでこのコードを収納するのはなかなかしんどそうです….

コムテック プリウス レーダー

 

OBD Ⅱ 接続について

接続についてはOBDⅡで接続すると、車のコンピュータに接続することになるので、車の情報(燃費や電圧)を得ることができます。

 

 

特にハイブリッドカーの場合は、モーター使用率なんかも表示できて面白いです。

 

 

接続の際は車種によってディップスイッチの設定が異なるので、説明書をよく読んで取り付けてください。

コムテック プリウス レーダー

また、50系でトヨタセーフティセンス付きプリウスのOBDⅡ接続はコムテックしか対応していないようです。(2017年3月現在)

 

 

ユピテルやセルスターもかっこいいモデルはあって、OBDⅡについて知るまでは迷ってました…。

 

 

レーダー探知機能としてはどれも大きな差はないようです。

まとめ

以前は50系プリウスのシフトパネルや、ステアリングスイッチをいじったりしてましたが、今回はコムテックのレーダー探知機をつけてみました。

>> 50系プリウスにコムテックのドラレコを取り付けてみた

 

>> プリウスのステアリングスイッチパネルをEdit

 

>> プリウスのシフトレバーをブラックに変更してみた

 

>> プリウスのテールランプをEdit

 

スタッドレスタイヤもあのブリヂストンを購入してみました。

>> ブリヂストン アイスパートナーって?プリウスに装着してみた

 

 

僕は早く欲しかったので、ZERO 702Vという比較的新しいタイプをカー用品店でチャチャッと購入しました。

 

しかし、ドラレコ連動機能などもあるせいか、そこそこ値段がします。

 

もし、純粋にレーダー探知機のみの機能があればいい場合はZERO 602Vをがおすすめです。

 

少し古いタイプなので店頭では見つけられませんでしたが、アマゾンや楽天では値段がかなり下がっていてその値段の割に必要な機能は揃っています。

最新情報をチェックしよう!