注目キーワード
プログラミング 独学

現役プログラマーが初心者におすすめのプログラミング言語10選を解説

プログラミングを習得しようと思い立った人の中で、「最初はどのプログラミング言語を覚えればいいの?」「初心者におすすめのプログラミング言語は?」という疑問を持つ方は多いかと思います。

 

今回はそんな疑問を解決します。

 

 

本記事での主な内容

・プログラミングをこれから始めたい人・初心者向けの記事

・今後需要のあるプログラミング言語について解説

・ニーズ別にあなたに最適なおすすめプログラミング言語を紹介

 

 

※本記事はプログラミング言語おすすめ一覧ではなく、ある程度詳細まで記載した上のおすすめなので、全部読むには少々時間がかかります。ご了承ください。

 

絶対にこれがいいというものはありません。あくまでニーズ別のおすすめなので、自分の目的に合ったプログラミング言語を選んで頂けると良いと思います。

 

 

 

僕自身は、IT企業でのプログラミング実務や、趣味で10種類以上のプログラミング言語を経験してきました。

 

このブログも少々PHPのプログラミングでアレンジしています。

 

本記事ではニーズ別におすすめのプログラミング言語を紹介しますので、このページを読めばあなたが学ぶべきプログラミング言語がわかるはずです。

 

ぜひご覧ください。

 

スポンサード リンク

最近のプログラミング言語の中でのトレンド

IT業界の中ではプログラミング言語のトレンドというものが存在しています。

 

具体例を挙げると、Pierre Carbonnelle社は検索エンジンでの検索結果を集計して、プログラミング言語の話題性を統計データとして集計して発表しています。

 

 

また、indeed.comでは給与統計情報を基にして、プログラミング言語をランキング化しています。

 

Pierre Carbonnelle(http://pypl.github.io/PYPL.html)

プログラミング 言語 おすすめ

1位Python
2位Java
3位Javascript
4位C#
5位PHP
6位C/C++
7位R
8位Objective-C
9位Swift
10位Matlab

10位まで紹介しておくと上記のようになります。

 

 

こういったところでランキング化されているプログラミング言語は、多くのシステムで使われていたりIT企業から注目されている言語であると言えます。

 

 

例えば現在1位のPythonはロボットや機械学習、人工知能といった最近のトレンドを抑えた言語です。

 

 

つまり、こういったトレンドの中から選べば今後どこかの企業を受けるときに必ず強みになると言えます。

 

 

数あるプログラミング言語から一つをマスターしたとして、その言語がどこでも必要とされていない場合大きな無駄になってしまいます。

 

 

そういったことを防ぐためにも、トレンドをしっかり抑えた上でプログラミング言語を選択する必要があります。

>> 【気にする必要はない】プログラミングに不向きな人の特徴10選

初心者がプログラミング言語を選ぶ上での目的

結論から言うと、プログラミング言語選択で一番重要なことは目的を明らかにすることだと思います。

 

極端な例で言うと医者になりたいのに法律の勉強をするのは、医者になる上では遠回りになります。

 

同じように機械学習を開発したいのに、PythonではなくてJavaScriptを学んでも、機械学習エンジニアになる道として遠回りです。

 

そういったところも踏まえて学ぶべき言語を選択していければ、その道のプロのエンジニアとして活躍できる最短ルートになると思います。

 

当記事を読んでもどうしても迷う場合はプログラミングスクールのカウンセリングでプロに相談することもできます。

 

お金に余裕があるならプログラミングスクールは非常におすすめしますが、カウンセリングだけ無料で受けれるので、聞くだけ聞いてあとは独学もありだと思います。

 

プログラミングスクールについてはこちらでおすすめを解説しています。

>> 転職・就職に有利なプログラミングスクール5選を解説【実質無料あり】

初心者におすすめの10個のプログラミング言語

早速おすすめのプログラミング言語を特徴習得難易度初心者へのおすすめポイントに沿って紹介します。

 

Python

 

プログラミング言語 初心者 おすすめ

Pythonはオランダ発祥の言語であり、近年海外で人気の高いプログラミング言語のひとつです。現在日本でも注目を集めています。

 

言語の特徴

facebookやGoogleでも採用されている言語でありロボットにも搭載されています。少ないソースコードで多くのこと実施できるため、ソースコードも見やすく初心者にも人気のある言語です。計算や統計処理のライブラリが多いことから、今後の人工知能や機械学習での注目言語です。

習得難易度

JavaやCに比べると難易度は低いと思います。文法がJavaやCより簡単で、初期インプットとして覚えることも少なめです。記述パターンが何通りもないため、誰が書いても読みやすくなります。逆にいうとコードに個性が出にくいといったデメリット的なところもあります。もともと教育用のプログラミング言語として作られたわけではないのですが、その単純さゆえに初心者が学ぶ言語として扱われることが最近は多いようです。

初心者へのおすすめポイント

Pythonの開発思想としては簡潔で読みやすく、効率のいいコードです。近年日本でも普及してきています。機械学習や人工知能といったこれからのIT業界の進歩や、需要を見越して習得しておけば、フリーランスとしても重宝される人材に慣れると思います。言語別の年収ランキングの上位にも登場することからもおすすめのプログラミング言語です。プログラミングスクールでも大人気の言語らしいです。

 

 

Java

プログラミング言語 初心者 おすすめ

Javaはアメリカで開発されたオブジェクト指向型のプログラミング言語です。オブジェクト指向という考え方は初めは少々難しいのですが、日本だけでなく海外でも不動の人気を誇るプログラミング言語です。 

言語の特徴

WebシステムやAndroidアプリ、一般企業で使用されるような業務Webアプリなど非常に幅広いシステム開発に採用されています。IT企業の入社研修でも、まずJavaを取り扱うところは多いです。

習得難易度

習得難易度としてはオブジェクト指向や文法など、初心者が初めて学ぶにはやや難しいと言えます。しかし、僕の友人にもJavaから学んだ人は多く、時間をかければ問題はないと思います。この言語をマスターできれば、他のどの言語であってもすんなり入っていけると言われています。僕自身もJavaを初めに学びましたが、Javaのおかげでプログラミングそのものの基礎が身について他の言語も習得がスムーズでした。また、歴史と人気がある言語のため参考書が豊富なのもありがたいところです。

初心者へのおすすめポイント

歴史も長く、日本だけでなく世界中でも人気のある言語です。今後も需要の高さは変わらないことが予想されるので、エンジニアとして活躍したいなら学んで損は無い言語かと思います。開発できるジャンルが多く、他の言語にも応用できる知識が身につく点でもおすすめです。

 

 

C言語

 

プログラミング言語 初心者 おすすめ

C言語もアメリカで開発された、Javaよりも歴史の古いプログラミング言語です。Java同様に現在でも日本を含めた世界中のシステムで使用されています。

言語の特徴

C言語は元より「機械で使う言語に近いプログラミング言語」と呼ばれ、OSだけでなく機械系システムやさまざまなツール、非常に幅広い開発を行うことができます。歴史が深いのもあってあらゆる言語の起源とも言われています。OSや機械系システムを作るにはC言語が使えればまず問題ないと言われるくらい、汎用性を持ったプログラミング言語です。

習得難易度

難易度としてはJavaよりもかなり高いですが、歴史が深いため技術書や解説webページは情報は多いです。機械に近い言語のためポインタやメモリモデルについても必ず抑えなければいけません。Pythonに比べるとコード量が多くなります。というのは言語の起源とも言えるC言語では、最近の言語では普通に省略できるような記述も書かなくてはならないからです。

僕は大学の授業でC言語を扱った時があるのですが、相当な量のコードを書いたし、ちゃんと設計しないとあとで見返しても分かりづらいし、そもそもなかなか動かないし、ひどい目にあったのを覚えています。

初心者へのおすすめポイント

今回登場する言語の中でいうと、C言語の難易度は相当高いです。しかし、他の多くの言語はC言語を基に作られているため、C言語さえ習得すれば他の言語の学習はやりやすいと言われています。個人的にはC言語よりはJavaの方がいいと思っています。Javaの影響を受けている言語も多いのと学習コストの面も優っているからです。

 

 

JavaScript

プログラミング言語 初心者 おすすめ

JavaScriptもアメリカで開発され、1990年代に登場したスクリプト言語です。Webページ上で動作させることで、ブラウザ上でのリッチな動作表現ユーザ操作を可能にしてくれます。

言語の特徴

ブラウザ上で動作するため特定のOSに依存せず、対応ブラウザでJavaScriptを含んだWebページを表示することで動的な表現が可能になります。またjQueryを導入することでGUIをリッチにしたり、jQueryライブラリの導入で少ないコード量(ライブラリ任せ)で様々なことができます。

Javaのように型定義がないため、自由に書ける反面、規模が増えるとスパゲッティコードになりやすいというデメリットもありますが、かっこいい画面が作れるのはJavaScriptならではです。極めるとJavaScriptだけでゲームが作れたりもします。個人的には一番奥が深くて面白い言語だと思っています。

習得難易度

習得難易度は高くはないのですが、ブラウザによって微妙に動き方が違うことも多い点ではつまづくかもしれません。コンパイル不要なこのJavaScriptは実装してすぐに動作を試せるため、慣れてくると開発スピードとしてはサクサク進められます。

割と雑に書いても動いてしまう場合があるので、エラーとの戦いもコンパイル言語よりは少ない印象です。

JavaScriptだけでもいいのですが、Javaなどと合わせてクライアント-サーバ間の通信系も同時に学べればと思います。

初心者へのおすすめポイント

Web系エンジニアで画面を作る上ではJavaScriptは必須だと思います。画面がないシステムは少なくはないため、基礎的なことは語れるように勉強しておいた方がいい言語でもあります。ライブラリにもグリッド系や、スケジュール系などデザインも多種多様なものがあります。また、Angular JSやVue.jsなどのフレームワークにも応用できるので、幅の広がり方が様々です。

 

 

PHP

 

プログラミング言語 初心者 おすすめ

PHPはカナダ生まれのWebシステム向けのプログラミング言語で、現在でも人気の高いプログラミング言語のひとつであります。もともとはWebサイト用に開発されたプログラミング言語だが、現在ではWebアプリケーション開発にも使われています。本ブログもPHPでの実装があります。

言語の特徴

PHPはWebサービス用のプログラミング言語と言ってもいいくらい他のことはやりづらいです。とにかくWebサービスを作るために存在しているようなもので、汎用性は低いです。

基本的なことを知っていれば初心者でも比較的容易に習得しやすいという点もあります。PHP自体は世界中で使われていて、facebookであったり、世界のWEBサイトの4つに1つに採用されているWordPressにも使われています。

習得難易度

PHPは初心者用のプログラミング言語しては人気があり、他の言語と比較しても、短時間で習得が可能です。

JavaScript同様にある程度適当に書いても動作はしてしまうため、JavaやC言語のようにプログラミング自体の基礎を固められるわけではありません。しかし、こちらもJavaScript同様とにかく楽しさがあるので、初心者でも挫折しにくいプログラミング言語だと思います。

初心者へのおすすめポイント

PHPはWeb系エンジニアを目指す初心者の方には非常におすすめです。しかし、PHPを習得する上ではHTMLやJavaScriptといった画面系のプログラミング言語も併せて学習しておきたいところです。

 

 

Ruby

プログラミング言語 初心者 おすすめ

Rubyは1992年に日本で生まれたプログラミング言語で、スクリプト型のオブジェクト指向言語です。日本生まれですが海外でも人気が高く、多くのWebシステムで使われています。以下の記事でも書いていますが、Apple社のmacには標準でRubyが搭載されています。

>> 初心者がプログラミングをするのに適したパソコンを選ぶポイント

 

言語の特徴

言語としては他よりも柔軟性が高く、Pythonのように少しのソースで多くの機能を実装できることが最大の特徴です。スクリプト型かつオブジェクト指向のため、開発効率が高く、突然の仕様変更にも柔軟に対応しやすいため、アジャイル開発などの短期間でのシステム開発に向いています。

習得難易度

Rubyも初心者には他の言語よりも習得しやすいため、人気の高いプログラミング言語です。オブジェクト指向でもあるため、プログラミングの基礎が身につきますし、Javaなどの他言語に応用もしやすいかと思います。

初心者へのおすすめポイント

初心者が最初に習得するプログラミング言語としてはPythonやPHPと並んでおすすめです。Web系システムのエンジニアを目指すなら学んでおきたいところです。日本生まれのため日本語の参考文献が多い点でもおすすめです。macを使っている方は標準で入っているので一度試してみるのもありです。

 

 

Swift

 

プログラミング言語 初心者 おすすめ

Swiftは2014年に開発されたApple社のiOSおよびOS X向けのプログラミング言語です。他のプログラミング言語よりは歴史は浅いものの、macやiPhone向けシステムにおいて多くのエンジニアがアプリ開発に使用しています。

言語の特徴

比較的新しい言語というだけあって、PythonやObjective-Cなどのこれまでの言語のメリットを基に開発されており、ソースコードの記述量が他よりも少なくなっているのが特徴です。実行速度も他早めと言われていたPythonよりも更に約8倍早いため、今後のiOS向けアプリケーション開発のトレンドになると言われています。

習得難易度

歴史の浅い新しい言語であるため、JavaやC言語と比較すると書籍やWebページの情報が少ないと言えます。そういった意味ではやや高めの難易度かもしれません。記述コード量は少なく、文法や覚えることもJavaやC言語よりは少ないです。

初心者へのおすすめポイント

Apple社製品のための言語であるため、iOS系エンジニアを目指すと決まっているのなら選択してもいいかもしれません。しかし、情報量の少なさは否めないので英語のリファレンスや英語のwebページを読まなくてはならない時もあり初心者には難易度は高いと言えます。iPhoneに限らずスマホアプリ系エンジニアになりたい場合はJavaやJavaScriptの方がおすすめではあります。JavaやJavaScriptならWebアプリにもスマホアプリも開発でき、JavaではAndroidアプリが作れ、JavaScriptではAndroidアプリも、iPhoneアプリも開発できます。僕自身最初はJavaとJavaScriptから学びました。

 

 

Scala

プログラミング言語 初心者 おすすめ

Scalaは2003年にスイスで開発され、オブジェクト指向と関数が融合したようなプログラミング言語です。Javaの後継として生まれた言語であることより、Javaよりも優れている点が多いことより、多くのエンジニアで注目されているプログラミング言語でもあります。

言語の特徴

ScalaはJavaの改良型であることが大きな特徴です。JVM上で動作し、既存のJavaで作られたアプリをプラグインとして使用したり、Javaライブラリを使用することもできます。更にはJavaよりも少ないコード量で記述できるため、Javaよりも開発効率はよくなります。

習得難易度

Javaでお馴染みのオブジェクト指向の概念は覚えなくてはならないので、最初のプログラミング言語として初心者が学習するには難易度は高いです。学ぶとしてもJavaを最初に勉強してからの方が良いと思います。

初心者へのおすすめポイント

海外のプログラミング言語ランキングや給与ランキングにもランクインしないため世界的にはまだ需要がないのかもしれません。しかし多くのシステムで使われている言語であるため、活かせる場所は多数あるはずです。まずはJavaを学んでおけば、必要になればScalaにもとっつきやすくなると思うので、Javaからの学習がおすすめです。

 

 

C++

プログラミング言語 初心者 おすすめ

C++は1980年代にアメリカで開発されました。C言語を基にして拡張版として開発されたオブジェクト指向型プログラミング言語です。C言語の良いところを引き継いだ言語で、現在でも機械系システムを含めた様々なシステムで使われています

言語の特徴

C言語の拡張なので同様に汎用性が高く、高速な処理を実行することできます。画像解析など高速演算が必要とされるシステム開発でも採用されています。構造化プログラミングやジェネリックプログラミングにも対応していて、基本的にC言語で実現できることはC++では楽に実現することができます。

習得難易度

C++は初心者にはおすすめできる難易度ではないです。C言語自体も学ばないといけませんし、C++独自の言語仕様も学ぶ必要があります。そしてC言語自体の難易度が高い点も懸念です。拡張ということもありC言語よりもソースコードの量は減り楽になるものの、トータル勉強時間は他の言語より圧倒的に多くなります。

初心者へのおすすめポイント

Cと併せてしっかり基礎を習得することになるため、他の言語を習得しやすくなるのは確かです。C++を目指すならまずはC言語にチャレンジすることをおすすめします。

 

 

C#

プログラミング言語 初心者 おすすめ

C#は2000年代にアメリカで開発され、世界中のWindowsアプリケーションの開発において広く使用されています。というのはMicrosoft社の独自フレームワーク「.NET Framework」上で動作させるプログラミング言語のためです。

言語の特徴

Windows系のシステム開発をするならC#は必須とも言える言語です。Windows系の業務システム、Webシステムまで幅広く採用されているプログラミング言語です。Windowsの.NET Framework上でしか動作するのが前提ですが、.NET Framework互換の「Mono」を使うことでLinuxなどでも動作させることができます。

習得難易度

C#はC言語やC++の改良版として開発されたものの、難易度はC言語やC++ほどは高くないですし、がっつりC言語ができないといけないといった制約もないです。構文自体はC言語よりはJavaに似ているため、Javaに慣れている場合は習得しやすいと言えます

初心者へのおすすめポイント

Windows系エンジニアとして、Windowsアプリケーションの開発や、Windowsサーバ上で動作するWebアプリを開発したいなら、C#をおすすめします。VisualBasic.NETというのも.NET Framework上で動作するものなのですが、プログラム言語の注目度を考慮すると、C#をおすすめします。

 

プログラミング言語まとめ

おすすめのプログラミング言語についてお話ししましたが、いかがだったでしょうか。

 

どのプログラミング言語を学んでも、他の言語に応用できる点はあるため、大きな無駄になることはないと思います。

 

実際1つプログラミング言語を学んでしまうと、似た文法が他の言語にもあったり、不明点の調べ方がわかっていたり、単純に自信がついたりするので、取っ付き易くなるのは明らかです。

 

しかし、やりたいことの最短ルートを通るためには、最初は自分にあった正しい選択をしたいところです。

 

自身の目的や将来性、トレンドなど十分に考えた上で一つプログラミング言語を選択してみて頂ければと思います。

 

プログラミング 独学
最新情報をチェックしよう!