注目キーワード
プログラミング 独学 パソコン 初心者

初心者がプログラミングをするのに適したパソコンを選ぶポイント

プログラミングをやってみたいという人の中で、

「どんなパソコンを使えばいいの?」とか「スペックはどれくらい?」

といった悩みを持っている方がいるかと思います。

 

僕自身はMacBookを使っていて、独学でプログラミングを学び、IT企業ではWindowsでプログラミング実務をこなしてきました。

今回はプログラミングをする上で必要なパソコン選びの注意点や、おすすめのプログラミングに適したパソコンについてお話しできればと思います。

>> プログラミングを完全独学するなら2ヶ月で習得すべき

 

スポンサード リンク

プログラミングで使うパソコンを決める2つの観点

プログラミング  独学 パソコン 初心者

プログラミングにおいてどんなパソコンを使うかは非常に大事なポイントです。それはなぜかというと使うパソコンによってできることが変わってきたり、作業スピードに影響するからです。

 

OSの種類(macOSかWindowsかLinuxか)

一般人がパソコンを買う場合OS(Operating System)はほぼmacOSWindowsの二択になるかと思います。OSとはパソコン全体を制御するソフトウェアでどの機器にも必ず入っているものです。

 

このOSによってできることが違ってきます。例えばiPhoneでのスマホアプリを作りたい場合はmacOS、Androidアプリを作りたい場合はWindowsの方が断然適しています。また、使用したいプログラミングアプリケーションがどちらかでないと動作しないというパターンもあります。

 

macOS上でWindowsを起動することもできなくはないですが、自分がやりたいことを明確にしてからOSを選ぶようにしましょう。まだ決まっていないのならmacOSをおすすめします。その理由は後ほど。

 

パソコンのスペック(性能)

パソコンのCPU・メモリ・ハードディスク・SSD・グラフィックボードなどがスペックを図る値です。CPUは処理速度、メモリは作業場所、ハードディスク・SSDは保存領域、グラフィックボードは画面描画を担っています。

 

CPUがよければサクサク動くし、メモリがよければ同時にいろんなアプリを起動できます。ハードディスクがよければたくさん保存できるし、グラフィックボードがよければ映像を綺麗に見れます。

スペックが良いとお値段も上がりますが、プログラミングする上での作業効率も格段に上がります。

 

プログラミングで使用するパソコンを決めるときのポイントと注意点

プログラミング  独学 パソコン 初心者

二つの大きな観点は上述の通りです。では、もう少し細かいところまで掘り下げてプログラミング用パソコンを選ぶポイントを見ていきます。

ノートパソコンかデスクトップか

スペックの高さでいうとデスクトップの方が融通がききます。持ち運びしやすさでいうとノートパソコン一択ですが、最近はノートパソコンでも高スペックのものもあります。グラフィックの物凄いゲームを作りたい場合は高スペックのデスクトップがいいと思いますが、プログラミング入門レベルだとノートパソコンがおすすめです。

最近流行りのプログラミングスクールセミナーにも行きやすいし、家でもカフェでも場所を選ばずプログラミングできるのは大きいと思います。

>> 転職に有利なオンラインのプログラミングスクール5選【実質無料あり】

 

僕は会社では基本デスクトップを使用していて、打ち合わせの時はノートパソコン、外からリモデでデスクトップに繋いだりしていました。

スペック

パソコンのスペックが重要なのはプログラミングだけではありません。テキストエディタしか使わないなら超低スペックでもいいかもしれません。しかし、多くの人はwebで調べ物をしながらプログラミングしたり、Excelでまとめながらプログラミングすると思います。メモリが足りないと複数アプリを起動した時に重くなったりします。

 

また、最初は簡単なプログラミングしかしない予定でも、慣れてきて複雑なプログラムを組むことになるかと思います。

そんな時にサクサク動かないと非常にストレスです。ということを考えると最初から高スペックを搭載した方がいいかと思います。

ポイントのまとめ

入門としてプログラミングに適したパソコン像としては、まずはノートパソコンであること。画面は13インチ程度あれば問題ないと思います。足りなかったらディスプレイはいくらでも大きくできます。

 

CPUはそこまで大きな影響はないかなと思いますが、メモリとしては8GBは欲しいところです。4GBだと少々きついです。ハードディスクも外付けでいくらでも増やせるので128GBとかあれば一旦十分かなと思います。

 

ニーズ別のおすすめパソコン

iPhoneやiPadなどで動作するアプリを作りたい場合

この場合はもちろん同じApple社製品であるmacOSにする必要があります。開発ツールとしてはApple社のXcodeが必要で、これはWindowsでは動作させることができません。

Androidアプリを作りたい場合

WindowsでもMacOSでもどちらもAndroid Studioをインストールすることで作ることが可能です。

特定のプログラミング言語を使いたい場合

言語に関してはWindowsじゃなきゃ使えないとか、macOSじゃなきゃ使えないとかはほとんど無いです。デフォルトでインストールされている言語(例えばRubyは最初からmacOSに入っているからインストールしなくても使える)もありますが、インストールくらいは大した手間でもないので、どちらでも基本的にはどんな言語も使えると思っていいと思います。

>> 【初心者におすすめ】プログラマーが初心者におすすめのプログラミング言語10選を解説

プログラミング初心者にオススメのパソコンは?

プログラミング 独学

おすすめはMacBook ProMacBook Airです。

ここまでの話の中でmacOSならなんでもできそうだと感じていただけたかと思います。Apple製品ももちろん、Androidアプリだってできます。よっぽど物凄いゲームを作る場合はWindowsじゃないと対応できない場合もあるかもしれませんが、ある程度のゲームでも問題ないと思います。

また、スペックの割に軽いので持ち運びの面でも素晴らしいと思います。プログラミングスクールセミナーでもmacをおすすめしているところは多いみたいです。

>> 転職に有利なオンラインのプログラミングスクール5選【実質無料あり】

 

まとめ

僕はMacBook Proを使っていましたが、今はより軽いMacBook Airを使っています。困るところはハードディスク容量ですが、外付けハードを使って増設しているため、プログラミングソース以外にも音楽や写真の保存だって困りません。

持ち運びにも便利だし、画面も小さすぎないしおすすめのパソコンです。

 

プログラミング 独学 パソコン 初心者
最新情報をチェックしよう!