注目キーワード
プログラミング 独学

プログラミングを完全独学するなら2ヶ月で習得すべき

就職活動や転職活動を考えている中で、

「プログラミングスキルは欲しいけど、独学は可能なの?」

と思っている人や、

「スクールもあるみたいだけど何時間必要なの?センスがなくても大丈夫?」

と思っている人もいると思います。

 

 

  √本記事での主な内容

・プログラミングをこれから独学で学んで仕事に活かしたい人向けの記事

・始めるなら2ヶ月の短期型で300時間は勉強した方がいい

・プログラミングのセンスは最初だけ。誰でもある点を超えるとできるようになる。

・プログラマーは最終的に常に独学が必要

 

僕自身も独学でプログラミングを学び、IT企業でのプログラミング実務をこなしたり、趣味で10種類以上のプログラミング言語を経験してきました。

 

もともと大学では化学生物学の専攻だったのですが、就活前に独学で2ヶ月くらいでJavaとHTMLを習得しました。ぶっちゃけ当時の学科の友人や、情報系専攻の友人には馬鹿にされましたし、挫折しそうにもなりました。しかし未経験だった僕でも独学で「プログラミングで生きていけるスキル」を身につけることはできました。

>> 大学で化学と生物専攻だった僕がプログラマーに就職した理由

>> 【初心者におすすめ】プログラマーが初心者におすすめのプログラミング言語10選を解説

 

経験ベースの話になってしまうのですが、独学でのプログラミング習得を考えている人の助言になればと思い、本記事を書かせて頂きました。

>> 【気にする必要はない】プログラミングに不向きな人の特徴10選

 

スポンサード リンク

プログラミングを独学するなら2ヶ月で300時間は学ぶべき

プログラミング  独学

プログラミングを独学する上でよく言われるのが

2〜3ヶ月の短期型学習で200〜300時間は勉強時間は必要

 

独学において長すぎる期間は挫折や怠惰の元

期間に関していうと半年なんてもっての外で、3ヶ月でも長いかなと思っています。基本的には毎日やるわけですから、長すぎると挫折したり怠けたりする可能性は高いです。

また時間も有限ではないので、人生における投資期間は可能なら短めにした方が絶対いいです。

どうせ勉強するなら短期集中型の方がリスクも少ないしモチベーションも保てる

 

独学でも塾でも基礎が固まる時間はある程度決まっている

どんな勉学でも1時間や2時間じゃマスターすることはできなくて、最低勉強時間というものがあります。プログラミングにおいてもそれはある程度決まっていて200〜300時間と言われています。

個人的には基礎に200時間、応用に100時間の合計300時間あれば最低でもプログラミングで生きていける基礎は身につくと思っています。

 

プログラミングスクールという選択肢

2ヶ月で300時間だと1日7時間は勉強が必要になります。流石にそんなに時間がない方もいますし、人それぞれスタイルもあるので、3〜4ヶ月かけてみたり、プログラミングスクールという選択肢もありだと思います。

 

プログラミングスクールは勉強できる環境・時間・教材を提供してくれるので、独学する上での事前準備とかスケジュール策定とかは不要になります。

 

ぶっちゃけスクールは高いかもしれませんが、エンジニアになって1〜2案件こなせば簡単に稼げる額だとは思っています。

>> 転職に有利なオンラインのプログラミングスクール5選【実質無料あり】

 

>> 初心者におすすめするプログラミングスクールのメリット

 

プログラミングの独学でもセンスは最初だけ。誰でもある点を超えるとできるようになる。

 

プログラミング  独学

プログラミングスキルを独学で身につけたと言うと、よく言われるのがセンスについてです。

 

どんな勉学にもセンスは存在する

プログラミングでいうと勉強し始めは確実にセンスの有り無しを感じると思います。僕自身は今思うと勉強し始めの頃は本当にセンスがなかったと思っています。そのせいで途中挫折しかけたりしました。

正直なところプログラミングができるようになった今でも、自分にはプログラミングのセンス自体はないと感じています。ただ、プログラミングで生きていけるスキルは持っていると自信を持って言えます。

 

プログラミングセンスがなくても独学は大丈夫なのか

例えば画家として生きていくのってセンスがないと、いくら勉強しても学校に行ってもなかなか厳しい気がしています。しかし、プログラミングはそうではないと思っていて、出だしにセンスがなくて挫折しそうになっても、時間をかければ独学でもそれなりにできるようになるものです。

僕自身挫折しかけても、コードを書き続けたり、他人のコードを翻訳したりしているうちになんというか、プログラミングの勘所みたいなものが見えてきた瞬間があったのを覚えています。

実際僕の同期や後輩にもそんな瞬間があったみたいで、その瞬間に到達するのが200〜300時間なのかなと勝手に思っています。

その勘所というのは、ある文法でこう書いたからこの場合はこう書くんだろうな。みたいな経験値的なものです。

 

プログラマーは独学だろうと塾だろうと、最終的には常に独学が必要

プログラミング  独学

独学でプログラミングを学んだ人も、プログラミングスクールに通った人も最終的には独学は常に必要です。

 

プログラムを書く上では、書いている時間より、調査や考えている時間の方が多いと言われています。実際それはその通りだと思うし、プログラムを書く上ではわからないこと・詰まる所は常に出てくるのでそのたびに勉強は必要です。

 

また、IT業界にゴールはなくて、常に進化し続けています。この点でも常に新しい知識を持っておかないといつか通用しなくなります。大変かもしれませんが、時代とともに自分のプログラミングスキルも成長させていくのってかっこいいし、やり甲斐もすごくあると思っています。

>> 初心者がプログラミングをするのに適したパソコンを選ぶポイント

>> 転職に有利なオンラインのプログラミングスクール5選【実質無料あり】

プログラミング 独学
最新情報をチェックしよう!