注目キーワード
絞り

光量を操る。 一眼レフの絞り・シャッタースピード・ISOを極める

カメラの光量の操作がわからずいつもオート撮影になる。

 

マニュアルで絞りやシャッタースピードを変えたいが、明るすぎたり、暗くなりすぎたりする。。

 

 

マニュアルで撮影するためには、光量を決めるための以下の3要素が重要です。

 

『絞り(F値)』

『シャッタースピード』

『ISO感度』

 

 

 

本記事を読みますとマニュアル撮影の仕方を理解できます。

 

どうぞご覧ください。

露出、光量とは

露出とは『カメラの映像素子に光を当てること』です。

 

 

明るすぎるところ、暗すぎるところでは露出を調整して、好きな明るさで撮影を行います。

 

 

では露出はどのように調整するのでしょうか。

 

 

露出を決めるのはカメラに入り込む光量です。

 

 

読んで字のごとく光の量を表しますが、この光量を見極められることこそカメラ上達への道です。

 

 

と言っても難しい計算式で値を出すなんてことはしません。

 

露出、光量は以下の3要素で決まります。

 

 

 

1. 絞り(F値) → レンズを通過する光の量を調整する。

2. シャッタースピード → 通過した光が映像素子に当たっている時間を調整する。

3. ISO感度 → 入ってきた光の強さを決める。

 

 

 

それぞれについて以下でもう少し詳しく解説します。

スポンサード リンク

絞り(F値)とは

絞りとは何か。

 

レンズには何枚かの羽によって構成されている、絞りというものがあります。

carved_camera_rosyutu1

カメラの方で絞り(F値)を調節するとこの羽が開いたり閉じたりします。

 

 

絞りを開くほどたくさんの光を集めることができ、絞りを閉じるほど光の侵入を防ぐことができます。

 

 

絞りの値は『F + 数値』で表すことができ、数値が小さいほど絞りは開いていて、大きいほど絞りは閉じられています。

 

←開放(明るい)   絞り  絞る(暗い)→
F1.4F2.0F2.8F4.0F5.6F8.0F11F16F22F32

 

絞りによって被写界深度が変わります。

 

 

詳しくは↓こちらで解説しています。

>> 時間を切り取る。一眼レフのシャッタースピードを極める

 

開放で撮ると大きくボケてやわらかに、絞って撮ると全体にピントがあったシャープな写真を撮ることができます。

シャッタースピード(SS)

シャッタースピードはシャッターが開いている時間のことです。

 

短いと1/4000秒や、長いと30秒などあります。

 

シャッタースピードを早めると一瞬の瞬間をおさめることができます。

 

 

長いとゆっくり時間をかけて変化するものを撮ることができます。

 

 

 

例えば川の流れなど、シャッタースピード早めで撮ると一瞬の水しぶきが撮れて、

長めに撮ると緩やかに流れるようにサラサラした写真を撮ることができます。

 

 

 

シャッタースピードを短くするとその分カメラには光が入りません。

 

 

そのため夜に1/4000等で撮ると真っ暗になってしまう場合があります。

 

 

逆にシャッタースピードを長くするとその分光を取り込むことができます。

 

 

そのため昼間に30秒なんかで撮ると、真っ白に白飛びしてしまいます。

 

 

でも夜に一瞬をおさめたい時や、昼に時間をかけて撮りたいなんてときもあります。

 

じゃあどうするのかというと、絞りを変えれば良いのです。

 

暗くなるなら絞りを開いて光を取り込む

明るくなってしまうなら絞りを絞って、入り込む光を少なくする

 

 

こんな感じです。

 

注意点としてシャッタースピードを遅くしすぎると、手持ちだとブレブレになってしまいます。

よく街で三脚を使っている人は、時間をかけて撮っているため手ぶれをしないようにしているんですね。

僕も夜景は必ず三脚使います。

↓シャッタースピードについてはこちら↓

>> 時間を切り取る。一眼レフのシャッタースピードを極める

ISO感度

最後にISO感度です。

 

 

アイエスオー、イソ、アイソ等呼び方は色々あるようですが、最近はアイエスオーと呼ぶことが多いようです。

 

 

この値をいじると果たして何が変わるのか…。

ISO感度を400や1000などに上げて撮ると、上げた分写真を明るくすることができます。

 

 

 

簡単に言うと、入ってきた光の信号を増幅することができるのです。

 

 

メリット、使い方としては暗いところを手持ちで撮る時に役立ちます。

 

 

手ぶれしないシャッタースピード、絞りは開放に設定したものの、まだ明るさが足りない…

 

 

こんなどうしようもない時にISO感度を上げます。

 

 

そうすると手ぶれせずに明るい写真を撮ることができます。

 

 

 

しかしデメリットもあります。

 

 

ISOを上げすぎるとノイズと呼ばれる、写真のザラザラ感が増えてしまいます。

 

 

ISO高めで撮った写真を拡大するとわかるかと思います。

 

 

例えばテレビとかでも暗いところの映像ってザラザラしていますが、それと同じイメージです。

 

 

 

最近のデジタル一眼レフだとISO2000等でもかなりノイズは目立たなくなってきているようです。

 

まとめ

さて、今回は光量を決めるための3要素

「絞り」「シャッタースピード」「ISO感度」

についてお話ししました。

 

 

・絞り

開く→明るくなりボケる

絞る→暗くなり全体にピントが合う

 

 

 

・シャッタースピード

短くする→暗くなり一瞬を撮れる

長くする→明るくなり変化をおさめられる(手ぶれしやすくなるので三脚必要)

 

 

 

・ISO感度

上げる→写真を明るくすることができる

上げ過ぎる→ノイズが出て写真がザラザラになる恐れがある

 

 

デジタル一眼レフだと何度も撮り直しできるので、上記三つを色々変えて撮ってみること、構図の意識や現像(編集)の挑戦が上達の道だと思っております。

>> 今すぐ実践できる! 初心者向けの構図5選

>> スマホでも一眼レフでも! かっこよくなる写真編集のアイデア20選

 

 

当ブログの一眼レフに関する記事はこちらからどうぞ
絞り
最新情報をチェックしよう!