プログラミング

システムエンジニアは本当に高収入?現役SEが年収を公開

投稿日:

システムエンジニア 年収

IT企業に就職したいが、年収モデルがわからず不安。

システムエンジニアの年収は本当に高いか気になる。

 

 

 

IT業界の発展に伴い、システムエンジニアは今後も需要が高くなり、給料も上がっていくことが予想されます。

 

 

 

僕自身は新卒でIT企業に就職して5年経ちました。

 

 

システムエンジニアとして設計やプログラミング・メンバ育成といった仕事をしながら稼ぎを出してきました。

 

 

 

今回はそんな僕の年収も公開しつつ、システムエンジニアの年収(高いか低いか、割に合うか)についてまとめていきます。

 

 

どうぞご覧ください。

スポンサード リンク

現役システムエンジニアの年収を公開

いきなり結論ですが、システムエンジニアの僕の年収を公開します。

 

 

入社1年目 : 400万

入社2年目 : 510万

入社3年目 : 550万

入社4年目 : 600万

入社5年目 : 650万

 

 

システムエンジニア 入社1年目 : 年収400万円

1年目のころは研修がありましたし、残業もほとんどなかったのであまり稼げてはいませんでした。

 

 

とはいえボーナスや各種手当がしっかり支給されたので1年目にして400万円程度稼げました。

 

 

システムエンジニア 入社2年目 : 年収510万円

1年目から比べると110万円ほど年収が上がりました。

 

 

2年目で大きく変わったのは残業です。

 

 

僕はプログラミングスキルがそれなりにあったので、多くのコーディング作業を任されました。

 

 

結果として残業は増えたものの、全て支給されるので年収としては嬉しい結果になりました。

 

 

 

みなし残業だったりサービス残業ばかりの人はかなりきつい粗悪な会社です。

 

 

システムエンジニアをやり続けるなら会社を変えたほうが良いです。

 

 

システムエンジニア 入社3年目 : 年収550万円

3年目になると、スキルが正当に評価され、昇給額やボーナスの評価も上がりました。

 

 

プログラミングは自身のスキルを後輩に展開して教育し、自身の残業時間を削減しました。

 

 

システムエンジニア 入社4年目 : 年収600万円

4年目にもなるとこなしてきた案件も増え、さらに昇給しました。

 

 

リーダー的な役割も初めて経験したので、残業が増えたものの、残業代で稼ぎつつ年収は600万になりました。

 

システムエンジニア 入社5年目 : 年収650万円

後輩やチームメンバも増えてきて、自身のスキルを武器に色々な人を指導しました。

 

 

大きな案件も経験しつつ、役職が着くまであと一歩のところまで昇給し、5年目は年収650万まで上がりました。

 

システムエンジニアとして高収入を得るには?

僕の年収は同期の中ではダントツに高い方でした。

 

 

 

きつい時期もありましたが、やはり入社前に学んでいたプログラミングスキルが武器となったと感じています。

>> 現役SEが唱えるシステムエンジニアのきつさ。未経験でもなれる?

 

 

 

今やITスキルを持つ人材は不足しているので、引く手数多の状態です。

 

 

 

スキルを持つ人が他者を教育すればチームが強くなり、会社が強くなります。

 

 

 

そのような人材は会社から高い評価を得ることができます。

 

 

 

未経験でも就職可能な企業は増えていますが、同期と差をつけ高収入を得るためにも是非とも就活前・転職前にスキルを身に付けることをおすすめします。

 

 

 

システムエンジニアで高収入を得るスキルを身に付けるためには?

システムエンジニア 年収

プログラミングスクールをおすすめします。

 

 

 

近年のプログラミングスクールは質や内容がかなり進化していて、安くはないものの通う価値が非常に高いです。

 

 

 

こちらの記事で紹介しています。

>> 無料あり : 現役SEがおすすめするプログラミングスクール

 

 

 

オンライン学習ができたり、プロジェクト開発工程を経験できたり、就活サポートや返金サポートなども手厚いです。

 

 

 

特にプロジェクト開発工程の経験は大きいです。

 

 

 

独学じゃ身につけようがないものですし、入社してからも非常に有利な経験値になります。

 

 

僕自身はプログラミングスキルを武器にしてきましたが、プロジェクト開発工程経験はゼロでした(新卒なら当たり前ですが)

 

 

そのため、初の実際の開発工程では戸惑うことも多く、チームメンバに迷惑をかけました。

 

 

入社前に一回でも開発工程の経験をできていたら、さらに評価されていたのではないかと後悔しています。

 

システムエンジニアの年収まとめ

繰り返しですがシステムエンジニアは今後も需要が高く、年収も上がっていくことが予想されます。

 

 

 

未経験でもOKな企業は増えていますが、それでもスキルのある人は評価されます。

 

 

 

その人がいれば深刻なIT人材不足が解消するので。

 

 

以下2点のスキルを身に付けることをおすすめします。

①プログラミングスキル

②開発工程の経験スキル

 

 

>> 無料あり : 現役SEがおすすめするプログラミングスクール

必ず役に立ちます。

 

 

以上、「システムエンジニアは本当に高収入?現役SEが年収を公開」でした。

スポンサード リンク
スポンサード リンク

-プログラミング
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

プログラミング 独学 パソコン 初心者

初心者がプログラミングをするのに適したパソコンを選ぶポイント

プログラミングをやってみたいという人の中で、 「どんなパソコンを使えばいいの?」とか「スペックはどれくらい?」 といった悩みを持っている方がいるかと思います。   僕自身はMacBookを使 …

プログラミングスクール おすすめ

現役プログラマーがおすすめするプログラミングスクール

  「プログラミングスキルは欲しいけど、今から勉強して遅くないの?」 「独学じゃ厳しいそうだけどプログラミングスクールはどうなの?」     就職活動や転職活動を考えてい …

システムエンジニア きつい

現役SEが唱えるシステムエンジニアのきつい仕事。未経験でもなれる?

IT企業に就職・転職したいが未経験で不安。 システムエンジニアはきついと言われているし不安。       システムエンジニアは今後さらに発展していくであろうIT業界を突き …

プログラミング 挫折

プログラミングでの挫折要因と解決方法【挫折の裏返しを考える】

プログラミングを始めた人の中で、 「始めてみたものの挫折してしまった」「モチベーションを保つにはどうすればいいの?」 といった悩みを持つ方もいるかと思います。   今回はこんな悩みを解決しま …

プログラミング 独学

プログラミングを完全独学するなら2ヶ月で習得すべき

就職活動や転職活動を考えている中で、 「プログラミングスキルは欲しいけど、独学は可能なの?」 と思っている人や、 「スクールもあるみたいだけど何時間必要なの?センスがなくても大丈夫?」 と思っている人 …

スポンサード リンク

アーカイブ

カテゴリー