注目キーワード
AMP wordpress SEO 広告

AMPを使うことでのSEO効果・メリットは?【表示速度やデザインが変わる】

SEO AMP wordpress SEO 広告

「最近流行ってるAMPとは?」「AMPを使うメリットやSEO効果はある?」

 

今回はそんな疑問を解決します。

 

  √本記事での主な内容

・ブログやSEO対策をやっている人向け

・AMPってそもそも何?SEOに関係するの?

・AMPをWordpressに適用する

・AMPを適用したらデザインが変わったり広告が出なくなった

・現在は適用しない方がいいかもしれない。でもいずれ必要になる。

 

 

実際に僕のブログ記事でAMPを設定し、実データをとって検証してみましたので、参考になればと思います。

 

スポンサード リンク

AMPとはそもそも何か?SEO影響は?

AMP wordpress SEO 広告

AMPとは?

最近モバイル端末での検索結果上位にカミナリマークがついているのを見つけた方も多いかと思います。

 

AMP wordpress SEO 広告

赤枠の記事は僕が書いた記事です。カミナリマークのついた記事をクリックするとAMP HTMLで記載されたページに遷移することができます。

 

クリックしてみると非常に簡潔なデザインのページが表示されます。

そして何より爆速で表示されます。

 

AMPとは「AMP(Accelerated Mobile Pages)」といって、直訳すると「高速化されたモバイルページ」です。

AMPはGoogleが推進している、モバイルページを高速に表示させる技術で生成されているページのことで、SEO界隈では最近トレンドにもなっているワードです。

 

AMPプロジェクトは2015年10月にGoogleとTwitterが協同し立ち上げた、モバイルユーザーのユーザー体験向上を目的としたオープンソースプロジェクトです。

 

当初はトップニュースだけがAMPで表示されていましたが、2018年現在は様々なページがAMPに対応し、検索結果の上位数ページがAMPコンテンツで表示されることもあります。

 

なぜAMPコンテンツは高速なのか

AMPは本当に表示が早いです。別に1秒くらい待てるし、一呼吸置いたっていいのですけど、そんな暇もないくらい一瞬で表示されます。

 

読み込み時間削減方針

AMPページの仕様としては、非同期(サーバからの応答を待たずに画面を表示)のJavaScriptのみが許容されていたり、リソースサイズを限定(画像やCSSの量を制限)するといったことで、必要最低限のコンテンツのみが表示されるようになっています。

 

AMP Cache

よくブラウザキャッシュという言葉を聞くことがあると思います。

ブラウザキャッシュは一度サーバから取得したリソースを一定時間ブラウザに保存して、再描画時にはそのキャッシュから読み込んで表示速度を削減します。(サーバ通信は時間がかかるため)

それと似たようなことをAMPでも行っていて、AMPコンテンツそのものをWebページから読み込まなくてもよくなっているので、高速表示が可能になっています。

 

SEO影響は?

アメリカで行われている、世界最大規模の検索エンジンマーケティング(SEM)カンファレンス「Pubcon(パブコン)2018」では、AMP最新情報や、Webページの表示に3秒以上かかると50%以上のユーザが離脱してしまう。というデータが発表されたそうです。

 

つまり、表示速度が遅いだけでユーザはそのページを読まないし、他のページも読むことなく直帰してしまうのです。

 

GoogleがAMPを推進しているだけあって、表示速度はSEOに影響するらしいです。

 

画像が多すぎて表示が遅いページは順位が下がるというのはよく言われていることです。

 

しかし、AMPを導入することでSEO対策になるとは現状大々的には謳われていないようです。

 

AMPをWordpressに適用する方法

実際にHTMLをAMPの仕様に沿って実装してもいいのですが、全コンテンツ対応させるのはツライので、Wordpressプラグインを適用します。(またはAMP標準搭載のWordpressテーマも有料であります)

 

実装はHTMLの知識があれば容易です。

>> 転職・就職に有利なスキルが身につくプログラミングスクール5選を解説【実質無料あり】

 

 

プラグインはこれです。

AMP wordpress SEO 広告

 

これをインストールして有効化すると

AMP wordpress SEO 広告

記事作成ページに赤枠で囲ったようなカミナリマークが表示されます。ステータスがEnabledになっているので適用済みです。

 

これを入れるとエラー通知がSearch Consoleから来ました。

AMP wordpress SEO 広告

プラグインの適用によって追加されたAMP HTMLが、一部既存のHTMLを読み込めないためでした。

 

結構な箇所で発生したのですが、内容はほぼ同じHTMLだったためSearch Regexで一括置換しました。

 

Search Consoleに再検証してもらって、エラーも消えたのでこれで晴れてAMPを使用できます。

 

AMP適用による広告やデザインの変化

適用されたページをスマホで見てみました。

 

爆速で表示されるのは大きなメリットですが、何やら様子がおかしい。

今までWordpressのテーマに沿ったデザインで表示されていたのに、ただのテキストベースのページになっている。

また、広告が一切表示されなくなりました。(全ページのソースに手を入れれば対策は可能)

 

AMPに適用によるWordpressデザイン

スクリーンショット 2018-11-18 9.05.33

左がAMP適用前、右がAMP適用後の記事です。

画像も表示されないし、デザインが変わっていることがわかるかと思います。

 

既存広告の非表示

AMP wordpress SEO 広告

左がAMP適用前、右がAMP適用後です。

広告の画像が表示されなくなりましたが、これに関しては画像のサイズが影響するようです。

 

実際AMPでどれだけ高速化されたか

Googleのモバイルサイト表示速度チェッカー「test my site」でAMP適用前後の、表示速度を測ってみました。

 

・AMP適用前の僕の記事の表示速度

AMP wordpress SEO 広告

3G回線で5秒かかっていて、離脱率は19%となりました。

Googleの評価としてはこれでも良好らしいです。

 

 

・AMP適用後の僕の記事の表示速度

AMP wordpress SEO 広告

一方でAMP適用後の表示速度は4秒、離脱率は10%と適用前よりも改善されました。

ただ、こちらも3G回線での場合なので実際は体感だともっと速いです。

右に表示されているレイアウトもシンプルなコンテンツになっているのがお分かりいただけると思います。

 

現在はAMPは適用しない方がいいかもしれない。でもいずれ必要になる。

現状GoogleからはAMPによってSEO影響があると明言はされていません。

 

しかし、コンテンツの表示速度はSEOに影響する要素かつ、GoogleはAMPを推進しているので、いずれはAMPも影響してくると思います。

 

現状だとWordpressのプラグインもまだ対応できていないものが多く、デザインが崩れたり、広告が表示されなくなるといった不具合が出ているため、よほど表示速度が遅くない限りは適用しない方がいいと思います。

 

プラグインから記事単体のAMPをオフにするには以下の通りです。

AMP wordpress SEO 広告

EnabledだったものをDisableにします。

 

ブログ全体をAMPオフにするにはプラグインを削除すれば良いです。

 

まとめ

今はまだ発展途上のせいかデザインや広告に影響が出てしまうAMPですが、いずれSEOに影響があることが明らかになれば、世界中の人がWordpressプラグインに力を入れる時がくると思います。

 

僕は今のところはページの表示速度にそれほど困っていないので一旦適用は見送ります。

 

AMP wordpress SEO 広告
最新情報をチェックしよう!