注目キーワード
一眼レフ 絞り

絞りで写真の印象をガラッと変える。一眼レフカメラのF値と使い方

一眼レフ 絞り

一眼レフ初心者の中で「一眼レフの絞りやF値がわからない」「綺麗なボケを作りたい」といった悩みを持っている人もいるかと思います。

 

今回は当記事でこんな悩みを解決します。

 

 

本記事での主な内容

・一眼レフ初心者向けの記事

・一眼レフの絞り(F値)について

・一眼レフの絞りを開くとどうなるか

・一眼レフの絞りを絞るとどうなるか

 

 

光量を操る三つの要素の一つである、一眼レフの『絞り』について今回は写真を交えてお話ししたいと思います。

 

絞りとはレンズからカメラに入り込む光量を調整するものです。

 

絞りによって明るさ、ボケ、被写界深度が変化します。

 

一眼レフの絞りについては覚えることもあって、表現したい写真を即座に撮れるようになるには最初はなかなか難しいかもしれません。

 

しかし、逆に自分の撮りたい写真に合わせて絞りをコントロールできるようになれば写真は格段に上手くなると思います。

 

当記事を読んで頂けますと、絞りについてと、絞りを調整するとどうなるかがわかります。

 

どうぞご覧ください。

 

スポンサード リンク

一眼レフの絞り(F値)とは何か

一眼レフのレンズには何枚かの羽によって構成されている、絞りというものがあります。

絞り

 

一眼レフ本体の方で絞り(F値)を調節するとこの羽が開いたり閉じたりします。

 

絞りを開くほどたくさんの光を集めることができ、閉じるほど光の侵入を防ぐことができます。

 

絞りは『F + 数値』で表すことができ、数値が小さいほど絞りは開いていて、大きいほど閉じられています。

 

←開放(明るい)   絞り  絞る(暗い)→

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-10-0-15-45

← シャッタースピード →

 

ちなみに絞りを絞るという表現はおかしくありません。

プロの方も使っているので、どんどん使って行きましょう。

 

絞り(F値)を変えるとどうなるか

一眼レフカメラにおいて、

レンズの絞りの値を変えると以下の2点が変化します。

 

 

■明るさが変わる

→絞りを開放にすると大量の光を取り込むので明るくなる

 

■写真の表現性が変わる

→ボケ、被写界深度をコントロールする

 

 

暗すぎて手ブレを防ぎたいとき、写真の表現を変えたいときは絞りを変化させます。

 

絞りで明るさを変える

絞りが変わるとそれに伴い明るさも変わるのでシャッタースピードも同時に意識しなければなりません。

 

例えば以下の表で絞りを2.0→1.4にしたとします。

 

このとき明るさを同じにする場合、シャッタースピードを1/500→1/1000にする必要があります。

 

←開放(明るい)   絞り  絞る(暗い)→

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-10-0-15-45

← シャッタースピード →

 

理論としては絞りを一段明るくするとカメラに入る光量が増えるので、

シャッタースピードを一段速くし、カメラに入る光量を減らす、ということです。

 

極端な例でいうと

絞りが開放なのにシャッタースピード10秒とかで撮影すると光が大量に入って真っ白になってしまうので、シャッタースピードを速くして、光量を適正にする。

 

というわけです。

 

>> 時間を切り取る。一眼レフのシャッタースピードを極める

 

絞りで変わる、被写界深度とは

以前の記事でも登場した『被写界深度』… 一体何者でしょうか。

被写界深度とはピントが合っているように見える範囲のことです。

 

 

ピントが合っているように見える範囲が少ない(ボケている部分が多い)

→ 被写界深度が浅い。

 

ピントが合っているように見える範囲が多い(ボケが少なく全体的にピントが合っている)

→被写界深度が深い。

と言います。

 

 

絞り(F値)を小さくする(絞りを開く)

→被写界深度は浅くなる

 

絞り(F値)を大きくする(絞りを絞る)

→被写界深度は深くなる

 

←浅い  被写界深度  深い→
F1.4F2.0F2.8F4.0F5.6F8.0F11F16F22F32

 

 

実際に一眼レフで撮影した写真を見比べてみましょう

絞り

比較用にどちらも同じ単焦点レンズで撮影しています。

左が絞り開放のF1.8で、右がF8.0と絞り込んでいます

 

ピントはりんごに合わせていますが、被写界深度(ピントが合っているように見える範囲)が絞りによって変わるのがわかると思います。

 

右の写真のように、絞りを絞ることで全体にピントが合っている写真をパンフォーカスと言います。

 

>> 一眼レフの絞りウニで太陽を味方につけるテクニック

 

絞り(F値)を小さく、開放撮影

絞り(F値)を小さくすると被写界深度が浅くなり、とにかくボケます

 

ボケ大好きの僕はとりあえず何でもかんでも開放で撮っていました。

 

>> 単焦点好きの僕がおすすめする4つの撮影方法

 

 

絞り(F値)開放の値はレンズによって決まっていて、キットレンズだとF3.5が開放となっています。

 

単焦点だとF1.8や1.4など明るいレンズがあります。

絞り

(F1.8で撮影)

 

 

絞りを開放で撮るとボケのある写真を撮れるだけでなく、光量が増え、明るくなるので、夜の手持ち撮影や、天の川など暗いところを撮影するのに役立ちます。

 

夜は光が少なくなるので、絞りを開放にすることで手持ちでも撮影しやすくなります。

 

また、天の川や銀河は暗い星たちの集まりなので、F値3.5以下のレンズを開放で撮影することができます。

 

しかし、かなりの暗さのため、絞りを開放にしても三脚使用でシャッタースピードISOも高めで撮らなくてはなりません。

 

 

絞り

(F2.8で撮影)

 

上の写真はシャッタースピードは15秒くらい、ホワイトバランスは蛍光灯で少し青っぽくしています。

>> カメラのホワイトバランスで写真の雰囲気を操る

絞り(F値)を大きく、絞り込み撮影

絞り(F値)を大きくすると被写界深度が深くなり、写真全体にピントがあったような写真になります。

 

広大な風景写真を撮るときは少し絞って全体にピントが合うようにした方がシャープでダイナミックな写真を撮れます。

 

また、コントラストが高く濃淡がくっきりした写真になります。

 

風景写真を撮るときは、とりあえずF8.0ぐらいで撮ってみて調整するのがいいと思います。

絞り 一眼レフ

(F8.0で撮影)

 

絞り 一眼レフ

(F11で撮影)

 

まとめ

今回は一眼レフのでの撮影における、絞りについてお話ししました。

 

まずは絞りをマスター、次にシャッタースピード、ISO感度と知識を増やしていくと一眼レフの楽しさがグッと上がると思います。

>> 一眼レフの撮り方で抑えるべき5つの重要ポイント【初心者におすすめ】

 

 

絞りを開く(開放)・・・

明るくなり、被写界深度が浅くなる。

ボケによるふんわり感。

接写で味を出せる。暗いところに強い。

 

絞りを絞る・・・

暗くなるが、全体にピントがあったシャープな写真になる。

ダイナミックな風景に最適。

 

 

一眼レフ 絞り
最新情報をチェックしよう!