注目キーワード

SIGMAとTokinaの魚眼レンズを数値で徹底比較してみた

今回Tokinaの魚眼レンズを拝借しました。

僕が所持しているSIGMAの魚眼レンズと数値での徹底比較を行いたいと思います。

 

 

フィッシュアイ(魚眼)レンズは独特な表現、湾曲を活かしたクリエイティブな作品を写し出すことができます。

 

 

今回はNikon D5300 や D5600といったAPS-Cカメラで使用できるフィッシュアイレンズについて数値で比較していきます。

 

 

使用感での比較もしてみました

>> SIGMAとTokinaの魚眼レンズを使用して徹底比較してみた

 

スポンサード リンク

フィッシュアイレンズの種類

一眼レフ用フィッシュアイレンズには以下の2種類があります。

  • 対角魚眼レンズ
  • 円周魚眼レンズ

 

購入時はフルサイズ用のレンズか、APS-C用のレンズかに十分注意しましょう。

 

 

カメラとレンズの種類が合っていないと、遠近感、デフォルメといった魚眼の魅力や力を出せなくなってしまいます。

 

対角魚眼レンズ

dsc_0048

 

対角魚眼レンズとは簡単に言うと画面の外側を大きく湾曲させることができるレンズです。

 

 

広角よりもインパクトのある写真や、魚眼の曲がりを楽しみたい人はこちらを購入するのが良いと思います。

 

対角魚眼レンズの作例

>> 魚眼レンズ好きの僕がおすすめする魚眼レンズでの作例11選

 

円周魚眼レンズ

%e9%9d%99%e5%b2%a1%e9%a7%85%e5%8d%97%e5%8f%a3%e3%83%9a%e3%83%87%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%87%e3%83%83%e3%82%ad%e3%80%801731200

持っていないので画像は拝借しました。

 

円周魚眼レンズは写真が円状に写り、まるで球体に写し出したかのような写真になります。

 

円周の方が使い所は難しく、持っている方は見たことないくらいです。

 

 

しかしかなり面白い写真は撮れそうなのでいつかは購入したいものです。

 

 

円周魚眼だと、こんな見た目のインパクトが強いものもあります。

高額かと思いきや、想像よりは安いみたいです。

 

数値での比較

今回の比較対象レンズは以下の2つです。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-03-12-04-27

SIGMA 単焦点魚眼レンズ 10mm F2.8 EX DC FISHEYE HSM ニコン用 対角線魚眼 APS-C専用

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-03-12-04-41

Tokina 魚眼ズームレンズ AT-X 107 DX Fisheye 10-17mm F3.5-4.5 (IF) ニコン用 APS-C対応

 

 

 

 

 

Tokina

開放F値が3.5と標準で、10mm-17mmでズームが可能です。

 

しかも10mmのときは魚眼で、17mmにすると広角レンズになるという面白いレンズです。

 

レンズ先端から被写体までは2.5cmまで寄れますが、SIGMAよりはクローズアップはできないようです。

 

内臓モータは無いので、オートフォーカスも無し、手動でピントを合わせていきます。

 

その代わり重さが350gと軽いです。

 

またレンズ前面にWPコートを施しているので、水滴や指紋の除去が容易です。

 

どちらを選ぶべきか

僕は明るくて、ボケを作り出せる単焦点が大好きだったのでSIGMAを購入しました。

天の川の撮影もバッチリできました。

dsc_0403

また結構面倒くさがりなので、オートフォーカスは外せないなあというのも理由の一つです。

 

接近戦にも強くてかなり便利なのですが、475gという重さが難点です。

 

Tokinaのレンズも借りたことがあるのですが、軽くて機動性が最高です。

 

それに魚眼でズームを兼ね備えてるので、めちゃめちゃ遊べます。

 

フォーカスは手動になってしまうのが難点です。

 

価格はTokinaの方がお安いようです。

 

一眼レフ購入に迷っているあなたに朗報です。

一眼レフやアクションカメラのレンタルサイトをご存知でしょうか?

3泊4日〜 でお安くレンタルが可能なのです。(3泊4日なら、価格は購入の10分の1くらい)

土日だけレンタルして練習してみたり、旅行前に借りて練習して持っていくことも可能です。

購入に迷う場合は色々レンタルして撮影・編集してみるのが、一番あなたにフィットしたカメラを見つけられます。

 

 ReReレンタル

ReReレンタルは種類が豊富でフルサイズ一眼レフのレンタルも可能です。

人気サイトのため在庫切れが多いですね。

とは言えラインナップは豊富です。

またカメラ以外の家電だったり、スーツケースなんかもサクッと借りられます。

ReReレンタルを試してみる

 

 rentry

rentryはカメラに特化したサービスで、一眼レフやGoPro、チェキなんかもレンタル可能です。

他にも防水カメラや360度カメラなど、あなたが使ってみたかったカメラが見つかること間違いなしです。

フルサイズ一眼レフはないものの、割と在庫があります。

rentryでレンタルを試してみる

 DMMいろいろレンタル

DMMいろいろレンタルはカメラ以外の家電はもちろん、服やキッズ向け商品など、本当に”いろいろ”レンタル可能です。

今の時代は買うよりも借りた方がコスパがいい場合もありますし、高額な買い物は借りて使用感を確かめた方が後悔がなくて良いです。

 

 

 

価格差はそれほどないものの、在庫切れの可能性は付きまといますのでおすすめは3つ登録してウォッチしておくことです。

その他ドローンやビデオカメラなどなど、使ってみたい家電が多種多様レンタル可能でおすすめですよ。

登録自体は無料です。

最新情報をチェックしよう!