一眼レフ

SIGMAとTokinaの魚眼レンズを使用して4つの観点で徹底比較してみた

投稿日:2017年1月3日 更新日:

今回Tokinaの魚眼レンズ

『Tokina 魚眼ズームレンズ AT-X 107 DX Fisheye 10-17mm F3.5-4.5 Nikon用』

を拝借しました

私が所持しているSIGMAの魚眼レンズと実際使用してみての数値だけでない生の感覚で徹底比較を行いたいと思います。

 

以前、SIGMAとTokinaの2つの魚眼レンズを数値にて比較しました。

SIGMAとTokinaの魚眼レンズを数値で徹底比較してみた
今回Tokinaの魚眼レンズを拝借しました 私が所持しているSIGMAの魚眼レンズと 数値での徹底比較を行いたいと思います。 使用感での比較もしてみました 魚眼

 

今回はNikon D5300 やD5500、D5600といったAPS-Cカメラ

使用できるフィッシュレンズについて実際に撮影してみて、使用感で比較していきます。

 

今回の比較対象レンズは以下の2つです。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-03-12-04-27

SIGMA 単焦点魚眼レンズ 10mm F2.8 EX DC FISHEYE HSM ニコン用 対角線魚眼 APS-C専用

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-03-12-04-41

Tokina 魚眼ズームレンズ AT-X 107 DX Fisheye 10-17mm F3.5-4.5 (IF) ニコン用 APS-C対応

 

実際に使用して撮ってみた

接写での撮影

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-03-14-30-39

(左 : SIGMAで撮影 ←  → 右 : Tokinaで撮影)

まずは接写からいきます。

最短撮影距離や、レンズから被写体までの最短距離はSIGMAの方が小さいので、被写体へのクローズアップ度合いが大きいです。

(SIGMAの方が寄れます。)

 

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-03-14-42-10

(左 : SIGMAで撮影 ←  → 右 : Tokinaで撮影)

上から見た図がこちらです。被写体とPCの位置は固定しています。

 

SIGMAの方がわずかに接近戦に強いのがわかります。

これだけ寄れるので、マクロ + 魚眼の世界も存分に楽しめます

 

湾曲、デフォルメ

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-03-17-11-31

↑ 上 : SIGMAで撮影 

↓ 下 : Tokinaで撮影

 

三脚を用いてカメラを固定し、設定も固定して湾曲具合を比較しました。

 

ドアやカラーボックスの歪みを見たところ、物体の湾曲具合に関しては大差はないようです。

 

コントラスト、明瞭度

白い壁に対して撮影しましたが、SIGMAの方がコントラストが強くなり、濃淡がくっきりしているように思えます。

コントラストのせいもありますが、端の方までシャープさが伺えます。

また画角はSIGMAの方がわずかに広い(広範囲を写している)ようにも見えます。

 

重さ、フォーカス、操作性

SIGMAはHSMを搭載しているため、オートフォーカスが効きます。

フルタイムマニュアルも可能で、オートフォーカスで合わせた後に、マニュアルで微調整もできるので操作性は高いです。

 

しかし重いので、三脚は重量感のあるものが必要だし、手持ちでもずっしり感は否めません

 

Tokinaは全てマニュアルでフォーカスを合わせます。

遠くのものは無望遠にしておけばいいのですが、毎回手動でピントを合わせる作業が必要になります。

 

操作性が良いとは言えませんが、その代わり軽いので持ち運びには最適です。

 

まとめ

 

私は単焦点、オートフォーカスを重視してSIGMAを購入しました。

Tokinaを使用してみても一長一短ではありますが、

私の要求を満たしてくれるのはSIGMAかなーと思っています。

 

同種のレンズでもメーカによって特性が違って購入に迷うこともカメラの醍醐味だと思います。

 

スポンサード リンク
スポンサード リンク

-一眼レフ
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

D3400 D5600 D7200

一眼レフのペンタプリズムとペンタミラーについて【初心者向け】

一眼レフの購入を検討している人の中で 「ペンタプリズムとは?」「重量があるみたいだけどメリットは?」といった疑問を持つ方もいるかと思います。   今回は、一眼レフ歴4年の僕がそんなペンタプリ …

写真編集 初心者 アイデア

スマホや一眼レフでインスタ映えする写真になる編集アイデア20選

写真は撮影して終わるものではなく、写真を撮影した上で現像(編集)という処理が必要になります。スマホアプリのフィルターや、プロの方が行うRAW現像など、編集方法は様々あります。 しかし、ある雰囲気を出せ …

SIGMAとTokinaの魚眼レンズを数値で徹底比較してみた

今回Tokinaの魚眼レンズを拝借しました 私が所持しているSIGMAの魚眼レンズと 数値での徹底比較を行いたいと思います。   使用感での比較もしてみました SIGMAとTokinaの魚眼 …

一眼レフ AFモーター

一眼レフのAFモーターの罠【初心者は要注意】

一眼レフのAF(オートフォーカス)用モーターは本体に内蔵型と、レンズに内臓型があります。     これを理解しないでカメラやレンズを買うと、組み合わせによってはオートフォーカスが効 …

東京国際フォーラムでのおすすめの写真撮影ポイント

Instagramなどでよく見かけるガラス張りの美しい建物。 有楽町にある東京国際フォーラム ガラス棟に一眼レフで写真撮影に行ってきました。     スポンサード リンク Cont …

スポンサード リンク

アーカイブ

カテゴリー