ライフスタイル

早起きが辛い社会人はその会社に合っていないので辞めるべき【早起きは慣れない】

投稿日:2018年12月22日 更新日:

社会人 早起き 辛い

早起きがつらい社会人の中で、

社会人になったものの、毎日8時半とか9時出社で通勤ラッシュがつらい

そもそも6時とか7時台に起きるのが本当に苦手。。。

でもみんな頑張ってるし逃げたくはない。

 

などと思っている人がいるかと思います。

 

今回はこんな悩みを解決します。

 

  √本記事での主な内容

・早起きが辛いと感じている社会人向け

・早起きを強要する会社はやめるべき

・早起きの得意不得意は遺伝子レベルで決まっている

・働き方改革も踏まえた、早起きしなくてもいい業界について

 

 

僕自身は現在フレックスタイムテレワークを活用していて、早起きとは無縁の生活を送っています。

 

もともとは9時出社で通勤も1時間かかっていたため、遅くとも7時前に起きなきゃ間に合いませんでした。

 

ただでさえ早起きが苦手なのに、遅くまで残業した次の日の朝なんて、

起きたくなさ起きれるかの不安の2つが押し寄せ、眠るのが怖いほどでした。

 

 

現在、早起きと無縁になった僕が、当時の自分にもっと早くしてほしかったことは何かと言うと、早起きを強要する会社は早々に辞めるということです。

 

同じように早起きが苦手な社会人の方の参考になれば嬉しいです。

スポンサード リンク

社会人として早起きを強要する会社は辞めるべき

早起きが苦手ならそれを強要する会社は、単純に辞めたほうがいいと思います。

 

こんなこと言うと甘えだとかゆとりだとか言われますが、働き方自体が本人に向いていないのだと思います。

 

政府も働き方改革を薦めているのが現状ですので、自分に合った働き方を選ぶのは甘えでもゆとりでも無いはずです。

 

最近は様々な働き方がある企業が増えている

パッと思いつくだけで、以下のような働き方があります。

 

・フレックス

・テレワーク

・時短勤務

・長時間労働削減

 

フレックスなら10時出社とか余裕でできますし、テレワークなら通勤時間削減にもなるので早起きする必要がありませんよね。

 

また、時短勤務や、長時間労働削減があるだけで帰宅時間が早くなるので、早起きには変わりないものの多少は睡眠時間取れます。

 

今はネットがあれば社会人としてしっかり仕事ができる時代なので、こういった制度のある会社こそ、今後の未来で生き残るのではないでしょうか。

 

早起きの得意不得意は遺伝子レベルで決まっている

とある研究によると、人間の朝型・夜型というのは遺伝子レベルで決まっているそうです。

 

実際僕の家族で言うと、僕自身が夜型で、親や兄弟も朝が弱いです。

 

 

単純に睡眠の質が悪いとか時間が短いとかじゃなくて、起きる時間とか行動パターンが夜型なんだと思います。

 

例えば、21時に寝て6時に起きる9時間睡眠よりも、3時に寝て9時に起きる6時間睡眠のほうが、少ない睡眠時間なのに、調子が良いなんてことはよくあります。

 

夜型遺伝子だって自分の個性なので、早起きのせいでモチベーションが下がるのなら、明らかに会社とミスマッチですよね。

 

それを活かせる会社に勤めるべきだと僕は思います。

 

早起きの必要な会社は実質無い&無くなる

早起きが必要な会社って飲食関係とか、朝から顧客対応をしなければならない会社くらいで、他はただの就業規則です。。。

 

朝の顧客対応だってシフト制にすれば、全員が早起きする必要はないです。

 

将来的には顧客対応は自動化されるんじゃないかと思っています。

 

朝の通勤渋滞や満員電車、面倒な朝会だって、無くそうとしている企業もあるわけで、そういった観点に賛同できるならそんな企業に就職すべきだと僕は思います。

 

今、働き方も踏まえて就職を考えるべき業界はIT企業

今就職を考えるべき業界は、ずばりIT企業だと思います。

 

大手からベンチャー企業まで、働き方改革を推進している企業が多いです。

 

実際パソコンとインターネットさえあれば仕事ができるので、作業や打ち合わせなども会社にいなくても実施可能です。

 

また、働き方改革が行われている企業が多いだけでなく、以下のメリットがあります。

 

スキルが短期間で身に付けられるので活躍しやすい

IT業界ではプログラミングのスキルが特に重宝されます。

 

フリーランスプログラマーとして案件をこなせるだけでなく、システムエンジニアWEBデザイナーでも、プログラミングスキルがあると下流工程まで考えられるので、重宝される人材になれます。

 

そもそも日本のIT業界は現在人材不足で、小学校でプログラミングが義務付けられるほどです。

 

僕自身は、大学まで化学とか生物を勉強していたのですが、2ヶ月でプログラミングを独学で学んでIT企業に就職しました。

>> プログラミングを完全独学するなら2ヶ月で習得すべき

 

独学でもいいのですが、近年はプログラミングスクールが流行っています。値段はそこそこするものの、独学より効率よく勉強できるはずです。

>> 転職・就職に有利なスキルが身につくプログラミングスクール5選を解説【実質無料あり】

 

今後も伸びる業界

この数十年でITはものすごく進化し、あらゆるところがIT化されています。

 

これまでアナログで業務を行っていた会社も、ITがないと業務ができなくなっているところもあります。

 

これからITが無くなることって考えられないですし、逆にIT以外の仕事は無くなるとも言われていますよね。

 

パソコンがあれば仕事できるので早起きに関わらない

IT企業には、工場や研究所、材料の輸入は不要です。

 

パソコンさえあれば仕事ができてしまいます。

 

SkypeやZoomなどの無料サービスで効率的な会議・打ち合わせも可能です。

 

こういった面からもIT業界は働き方改革がしやすく、テレワークなどの施策を導入する企業が多い業界の1つでもあります。

>> 初心者がプログラミングをするのに適したパソコンを選ぶポイント

 

早起きしたくない社会人 まとめ

いかがだったでしょうか。

 

早起きは無理な人は恐らく遺伝子的なものなので簡単には変えることはできないです。

 

そういった人も一定数社会に入るので、マッチングした会社に就職したほうが絶対いいです。

 

早起きの面以外でもIT業界は今進むべき業界だと思っています。

スポンサード リンク
スポンサード リンク

-ライフスタイル
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

プログラミング 独学

大学で化学と生物専攻だった僕がプログラマーに就職した理由

化学や生物が得意で大学に入った人の中で、 勉強が難しい割に就職先や年収に不安がある、別の分野で就職も考えている人もいるかと思います。   今回はこんな悩みを解決します。   √本記事での主な …

社会人 時間 趣味

時間や出会いのない社会人の1日は?趣味に使える自由時間はどれくらい?計算してみた。

社会人の方の中で「労働時間が長い」「趣味に使える時間は何時間?」といった悩みや疑問を持っている人もいるかと思います。   最近仕事の時間が増えて、僕の趣味である写真撮影やプログラミング・ブロ …

寝ても寝ても 眠い だるい

寝ても寝ても眠い・だるいを改善! 睡眠の質を最大限に高める方法を解説

寝ても寝ても眠いしだるい。 毎日の睡眠でしっかり疲れが取れない。     睡眠は疲れやストレスを取り除くために重要ですが、現代人は十分に良質な睡眠ができている人が少ないです。 &n …

テレビっ子で時間節約家の私が録画でしか観ない3つの理由

私は録画したテレビ番組しか見ることはなく、リアルタイムで見ることはありません。 せいぜいニュースか朝の番組くらいです。 ドラマや映画、バラエティなどは全部録画してリアルタイムでは絶対に見ないことで、 …

玄米 ダイエット

【1ヶ月で-2キロ】玄米ダイエットの方法とおすすめ玄米3選

痩せたいが米だけは絶対に食べたい。 色々なダイエットを試すも結局効果が表れないし食欲は抑えられない。。     いつもの白米を玄米に置き換えるという、玄米ダイエットは痩せるだけでな …

スポンサード リンク

アーカイブ

カテゴリー