注目キーワード

スタバでの持ち帰り方法 :でも絶対にテイクアウトしない方がいい理由3選

コーヒー好きの人の中で、「スターバックスが好きだけど値段が高い」「美味しいけどコスパは?」などと感じている人もいるかと思います。

 

 

今回はそんな疑問を深掘りしたいと思います。

 

 

スターバックスでは時期ごとに豆の種類やブレンドが変わっていて、コーヒーへの力の入れ具合が伺えます。

 

 

僕は毎日コーヒーを飲んでいて、スタバのコーヒーも大好きでありますが、スタバでは絶対にテイクアウトしないことをおすすめします。

>> スタバは高カロリー? コーヒーダイエットで1ヶ月-2キロの実績: 方法とダイエットコーヒーの紹介

スポンサード リンク

スタバでの持ち帰り方法

テイクアウトの方法は非常に簡単で、レジでの注文時にテイクアウトと伝えるだけです。

 

 

ドリンクだけならそのまま受け取ることもできますし、おしゃれな紙袋に入れてもらうことも可能です。

 

 

実際スタバは常に混んでいるので、テイクアウトで歩きながら飲むのもやむを得ない場合もあります。

 

 

でも、僕はスタバでは絶対にテイクアウトしないことをおすすめします。

スタバでテイクアウトしない理由1 : 商品の価格が高い

スタバではドリップコーヒーが1杯300円程度します。

 

 

美味しいしブランドネームバリューもありますが、他のコーヒー店と比べると強気な価格かなあと思います。

 

 

フラペチーノともなると500円前後します。

 

 

この価格を飲み物代だけと考えるのは高価なので、飲み物と同時に他の要素を購入したと考えるといいと思います。

 

 

僕は場所代と考えればむしろ安い値段だと考えています。

 

 

飲み物代だけだとコスパが高いので、絶対にテイクアウトはしません。

>> コーヒーダイエットで1ヶ月-2キロの実績: 方法とダイエットコーヒーの紹介

スタバでテイクアウトしない理由2 : 店内の居心地

コーヒーに300円程度払って、店内の居心地の良さを堪能しないのはもったいないです。

 

 

スターバックス店内にはWi-Fiや充電器もあり、何時間居ても決して注意を受けることはありません。(これはスターバックス自身がそう言っている。)

 

 

コーヒーを飲みながら友人とおしゃべりをするもよし、一人で仕事や作業をするでもよしです。

 

 

ただしスタバは常に混雑しているので、程よいところで空気を読むのも必要そうです。

>> スタバでMacBookユーザーがドヤる3つの理由

 

スタバでテイクアウトしない理由3 : インテリア・デザイン

スターバックスの店内はインテリアがとにかくおしゃれです。

 

 

間接照明や日光の木漏れ日といった柔らかい光を射れたり、椅子だけでなく座り心地の良いソファーやカウンタータイプの席を用意したり、デザインにはかなりのこだわりが伺えます。

 

 

そしてこのデザインで驚いたのが全国にあるスタバの中で全く同じデザインのスタバは一つとして無い、ということです。

 

 

それに加えて中には地域独特のカラーが出ている店舗もあります。

 

 

東京 表参道のスタバは天空スタバと呼ばれていたり

スタバ

 

埼玉県 川越市には小江戸スタバがあったりします。

スタバ

そこそこの価格で飲み物を買うなら、このようなデザインも一緒に堪能できればコスパとしては割に合うかな、というところです。

 

まとめ

高いと思うものにはもの以外の価値を考えると一気に割安に感じることがあります。

 

 

スタバの場合は場所代という観点で価値を考えてみました。

 

 

他にも写真や動画映えのためのアイテムとしての値段や、単純にブランド代としたり、価値の付け方は人それぞれだと思います。

 

 

自分なりの価値を見出して、世の中割安感を味わっていきましょう。

 

 

当ブログで公開されているコーヒーに関する記事はこちら

>> コーヒー 記事一覧に戻る

 

 

以上、「スタバでの持ち帰り方法: でも絶対にテイクアウトしない方がいい理由3選」でした

最新情報をチェックしよう!