注目キーワード

一眼レフ初心者だからこそ単焦点レンズをおすすめする5つの理由

一眼レフ購入を検討している人の中で

 

キットレンズとかダブルズームキットとかあるけどどれがコスパいいの?

初心者にはどのレンズがいい?

 

 

という疑問を持っている人も多いかと思います。

 

今回はこんな疑問を解決します。

 

 

僕が初めて一眼レフを購入したときに、キットレンズを押し切って一緒に購入したレンズの1つである、

単焦点レンズについての魅力を語ろうと思います。

 

スポンサード リンク

一眼レフ+キットレンズはお得なのか

ショッピングサイトや家電屋さんで一眼レフを眺めてみると、

ボディとレンズがセットで売っているレンズキットというものを見かけるかと思います。

 

 

結論から言うと、ボディとレンズ別々で買うよりかなりお得です。

ボディだけでは写真は撮れないので、多くの方はレンズキットを購入すると思います。

 

 

また、値段は上がりますが、レンズが2本セットになったダブルズームキットというものもあったりします。

 

ダブルズームキットでも個別に買うよりかなりお得です。

 

 

もちろんキットレンズでもメーカー純正なので、ボディとの組み合わせも良いため写りは十分、遠近両方の被写体を狙うのにも十分です。

僕がオススメしたい一眼レフ購入時の組み合わせ

それならお得な上に広範囲をカバーできる、ダブルズームキットが初心者には最高なんじゃないかと思いますよね。

 

しかし僕は以下のセットをオススメします。

 

レンズキット(ボディ+レンズ一本)

単焦点レンズ(ボディとセットではなく単体で別途購入)

 

 

上記のセットでボディと2本のレンズを購入します。

 

 

撮りたい写真はどんな写真か

あなたは一眼レフでどんな写真を撮りたいですか?

 

高画質な写真を撮りたい

速すぎて撮れない一瞬を撮りたい

夜景を撮りたい

 

人それぞれだと思います。

 

 

僕はとにかくプロが撮ったようなボケのある写真を撮ることに憧れていました。

 

 

そのためには単焦点が最適です。

 

carved_camera_tanshoten1

こちらは滝の前に佇む何気ない金属体です。

 

 

背景の滝がボケていることにより、被写体がくっきりと存在感を出してくれます。

 

 

 

また、森の中で暗かったのですが、絞り1.8の単焦点レンズのおかげでシャッタースピードを落とさず撮ることができました。

 

↓絞りについてはこちら↓

>> あなたの写真の印象をガラッと変える! 一眼レフカメラの絞りを極める

 

↓シャッタースピードについてはこちら↓

>> 時間を切り取る。一眼レフカメラのシャッタスピードを極める

 

 

carved_camera_tanshoten2

こちらはコスモスを撮りました。

 

 

背景に人が写っていますが単焦点によりボケています。

 

 

人も、その更に後ろの景色もボケているため、被写体であるコスモスを強調することができています。

 

 

 

 

一眼レフ購入当初のド素人だった僕でもこんな写真を撮ることができています。

 

 

正直、初心者がレンズキットで同じ写真を撮るのはなかなか難しいです。

 

 

というのはレンズキットの場合、ここまでのボケ感を出すのが難しいからです。

 

 

ボケるにはボケるのですが、具合が足りないのです。

ところで単焦点レンズって?

単焦点レンズで撮れる写真をご紹介しましたが、そもそも単焦点ってなんぞやと思いますよね。

 

 

単焦点レンズとは「単一焦点距離レンズ」の略です。

 

 

ズームレンズに書いてある「18-55mm」「55-300mm」という焦点距離、

これが単一なので、単焦点の場合は「50mm」「35mm」などと書いてあります。

 

 

 

すなわちズームをすることができません。

 

 

僕が思う大きなデメリットはズームが出来ないことだけです。

 

 

 

では単焦点レンズのメリットは何でしょうか

 

初心者に是非オススメする単焦点レンズのメリット4つ

明るくて高画質

明るいというのはF値が小さいもののことを言います。

 

キットレンズだとF3.5が一番小さいかと思いますが、単焦点の場合F2.8やF1.8などがあります。

 

 

このF値が小さいほどボケのある写真を撮ることができます。

 

 

また、多くの光を取り込めるので、多少暗くてもシャッタースピードを落とさずに撮れます。

 

 

シャッタースピードを稼げれば手ぶれも防ぐことができます。

 

小さくて軽い

ズーム出来ない分、単焦点レンズは構造が小さく、軽いです。

 

 

重量のある一眼レフに、重量のあるレンズをつけると、大荷物の時など持ち運びが億劫になることも無くなります。

 

 

女性の方でも気軽に持ち運べてピッタリです。

 

写真が上手くなる

単焦点レンズはズームが出来ないため、自分で動いて距離感を決めるしかありません。

 

 

しかし逆にそれが上達への近道です。位置を決めながら構図やアングルをより意識できるようになると言われています。

 

なのに安い

こんな良いレンズが他と比べて安いです。

 

 

例えば冒頭でお得だと書いたダブルズームキット。

 

 

確かにセットのレンズを単体で買うことと比べるとかなりお得ですが、それでも高額です。

 

 

だったら1本セットのレンズキットと、プロのような写真が撮れる単焦点レンズを購入した方が、2本レンズを手に入れられますし、トータルでも安くなります。

 

そして写真にハマりゆく…

最初のうちは単焦点でしか撮っていない、と言っても過言ではないほど使っていました。

 

 

単焦点なら気持ちいいほどボケるのであっという間に写真にハマります。

 

 

何を撮ってもそれっぽい、もっといろんなものを撮ってみたい。

 

 

初心者の第一歩として、単焦点レンズを購入して良かったなとつくづく思います。

>> カメラ初心者が一眼レフを手にして気付いた7つの魅力

 

 

単焦点についての記事

>> 単焦点レンズ好きな僕がおすすめする4つの撮影方法

 

最新情報をチェックしよう!