注目キーワード

電車でやることがないときの有意義な過ごし方、おすすめの6つの暇つぶし方法

電車での過ごし方。

電車でSNS、ネットサーフィン、2chなどするのに飽きてしまった方々へ。

 

 

国勢調査では東京、千葉、神奈川、埼玉等の首都圏では47.38%もの人が電車通勤をしているそうです。

 

 

また首都圏の平均通勤時間としては片道58分だそうです。

 

 

さて、往復2時間にもなるこの通勤時間、皆さんはどのように過ごしますか。

 

 

今回は有意義な過ごし方についてまとめようと思います。

スポンサード リンク

電車の中で誰もができる有意義なこと

1. 読書をする

本を読む人は今でも結構います。

 

 

僕も大好きな湊かなえさんの小説などよく読んでいます。

 

 

立っていても座っていても読めますし、朝から文字を読むことで頭が活性化します。

 

 

かっこいいブックカバーをつけて読めば、意識が高い人と思われること間違い無いです。

 

 

寝ているサラリーマンより賢そうでかっこよく決まりそうです。

 

 

 

2. 勉強をする

参考書を使うなら読書に含まれますが、最近はスマホアプリで勉強ができます。

 

 

資格の勉強ですと、よく合格には100時間の学習が必要。とかHPに書いていたりしますよね。

 

 

1日2時間強制的に勉強時間を確保できるので、100時間必要な場合は50日で合格ラインです。

 

 

忙しい社会人も勉強時間がないなんてことは無くなりますね。

 

 

こちらも文章を読んで問題を解いて脳が活性化。仕事も捗るんじゃないでしょうか。

 

 

本気で転職を考えている人はオンラインスクールでのスキルアップも検討してもてもいいかもしれません。

 

3. ニュースを見る

社会人として世の中の最新の動向に目を向けることは非常に重要なことだと思います。

 

 

僕はよくグノシーというアプリの、テクノロジーに関する記事を読んでいます。

 

 

Smart News等、ニュースアプリは毎日更新されてリアルタイム性も高いので、ニュースアプリとして秀逸です。

 

 

エンタメや2chまとめもあるので、そちらに目がいかないように注意が必要です。

 

4. ToDoリストを作成する

その日行うことをリストアップしておくと、スムーズに仕事に取りかかれるし、作業が明確になります。

 

 

ほんとは退社前に行いたいところですが、そうもいかない時もあるので

 

 

僕は帰りの電車でサクッと作成して、次の日の朝に電車で確認。

 

 

というスタイルをとっています。

 

5. ゲームをする

個人的にはゲームは時間の無駄かなと思ってしまうのでやりませんが、あえてゲームをする立場になって考えてみました。

 

 

ゲームをよくやる人は、家で無限にダラダラやるよりは、電車でしかやらない。など制約を設けることで、きっちり2時間と時間を決められるので有意義な時間になると考えられます。

 

6. 睡眠をする

こちらも最近は個人的にはあまりやりません。

 

 

しかし、昔に残業を100[時間/月]以上やった時期があったのですが、その時はフルで電車で寝ていました。

 

 

やはり本当に睡眠時間を確保できない人もいるわけで、そんな人たちにとっては、電車での睡眠2時間は健康を維持するための重要な時間になります。

 

まとめ

電車内でも様々な過ごし方があると思います。

毎日確保できる時間なのでどうせなら有意義に使いたいものです。

 

 

>> 社会人が平日の「たった一時間の自由時間」をどう増やすか

 

 

番外編 : 電車ではやらないほうが無難なこと

化粧

時間を有意義にする意味ではかなりいいと思います。

でも僕がメイクする人間だったらしません…

いちゃいちゃ

お気持ち察します。でも目のやりどころに困るので…

酔っ払い

楽しそうですね。でもあなただけです。

嘔吐する

信じられません。この前月曜日の朝に電車内に催されていました…

横になって寝る、床で寝る

蹴ったり踏んだりしそうで危ないので…

電話で喋る

人間は一人で喋っているように見える人に違和感を感じるようです…

 

最新情報をチェックしよう!