注目キーワード
wordpress サイトマップ

WordPressのサイトマップの作り方と送信方法【ユーザとロボット用】

wordpress サイトマップ

ブログを運営しているものの、サイトマップの重要性がわからない。

いざ作ろうと思ってもsitemap.xmlとかが登場しよくわからず放置してしまう。

 

 

サイトマップSEO対策にも繋がる話ですが、対策をしていないブログは多いです。

 

 

今回は下記の方々に向けて記事を書いてみました。

・ブログを始めてみたが、サイトマップの書き方がわからない

2種類のサイトマップの重要性がわからない

・検索流入が全然増えない

 

 

 

サイトマップとは名前の通りサイトの地図のことです。

 

どんな複雑な場所でも、地図があれば迷う人は減りますよね。

 

それはインターネットの世界でも同じです。

 

 

僕自身もサイトマップは最初は全く設定しておらず、

・自分でもブログの構造が掴めない

・検索順位も上がらず検索流入によるPVが増えない

 

 

といった問題がありました。

 

 

 

しかし、とあるプラグインで「自分ですら構造を掴めないブログ」という状況を改善しました。

 

プラグインの簡単な設定で、ブログ訪問者もGoogleのロボット(後述します)も、サイト構造を把握することができて、検索順位も上がるなら、やらない理由はないですよね。

 

 

今回はユーザ向けGoogleのロボット向けのサイトマップの導入方法をご紹介します。

 

スポンサード リンク

サイトマップの種類(ユーザ向けとGoogleロボット向け)

サイトマップには2種類あります。

 

ユーザ向けHTMLサイトマップ

1つはHTML形式のサイトマップです。(ただのページ)

 

ブログを訪れたユーザーがブログの全体像や構造を理解しやすいように表示するもので、ユーザビリティ向上に繋がります。

 

 

こちらは作成のみでOKです。

>> PS Auto Sitemapの設定と使い方・デザイン一覧【サイトマッププラグイン】

 

Googleクローラー向けXMLサイトマップ

もう1つはGoogleのクローラーが検索順位をつけるために読み込むXMLサイトマップです。

 

XMLサイトマップとは、ブログ内の各ページのURLや、優先度の高さ更新日更新頻度などを記述したXML形式のファイルです。

 

Googleクローラーに対してブログの構造を知らせることができます。

 

 

Googleクローラーもユーザ向けのHTMLサイトマップを訪れることもあります。

 

 

この時まだクロールしていないページを見つけようとするので、SEO的にもユーザHTMLサイトマップも設置しておいた方が良いです。

 

 

2種類のサイトマップ

・ブログ訪問ユーザ向け

>> Site Map

・Googleクローラー向け

>> sitemap.xml

 

 

上記は参考ですが、どちらも当ブログのサイトマップです。

 

ブログ訪問ユーザ向けのサイトマップの作成方法

当ブログのサイトマップはPS Auto Sitemapというプラグインで生成しています。

 

 

使い方は簡単で、プラグイン導入後に固定ページを作って、タグを設定するだけです。

 

ブログの構造がツリー状に表示されます。

 

記事数が増えてきた場合に全量を把握したり、カテゴリわけが適切かを把握するのに非常に便利です。

>> Site Map

 

訪問ユーザもあなたのブログに興味を持ったときにサイトマップをみれば、他の記事にも誘導することができます。

 

 

しかし、デザインが決まっているものからしか選べないので、自分で固定ページを作るやり方もあります。

 

 

その場合は記事を追加するごとにサイトマップページも更新しなければならないので、記事数が多い人はメンテナンスがなかなかのコストです。

 

 

Googleのロボット向けのXMLサイトマップの作り方

作り方としては Google XML sitemapsを使います。

wordpress サイトマップ

 

インストールして有効化するだけで完了です。

 

「自分のドメイン+/sitemap.xml」にアクセスするとサイトマップが表示されるかと思います。(当サイトだと https://carvedcamera.net/sitemap.xml)

 

All in One SEOでもsitemap.xmlを作成することも可能です。

Googleのロボット向けサイトマップの送信方法(Google Search Consoleを使用)

Google Search Console(通称サチコ)を使ってサイトマップを送信します。

 

Search Consoleへの会員登録

まずはGoogle Search Consoleへの会員登録ですが、Googleアカウントがあれば無料ですぐにできます。

 

プロパティの追加・サイトの登録

Search Consoleの「プロパティを追加」を押下後、

wordpress サイトマップ

 

自分のサイトのURLを入力します。

wordpress サイトマップ

 

 

サイトマップを送信

登録したサイトを押下すると上記のようなページに遷移するので、赤枠の「サイトマップ」を押下します。

wordpress サイトマップ

「サイトマップの追加/テスト」から自分のサイトのサイトマップを登録します。

wordpress サイトマップ

wordpressの場合は下記3つのパスを登録してください。

 

・/sitemap.xml

・/sitemap.xml.gz

・/feed

 

 

当ブログの場合は「https://carvedcamera.net/sitemap.xml」などを入力します。

 

存在しないとエラーになるので、念のため自分のサイトの上記3パスにアクセスできるか確認しておいてください。

 

/sitemap.xml.gz

ちなみにUnixやLinuxのコマンドを知っている人はご存知だともいますが、xml.gzはxmlの圧縮ファイルです。

 

送信する理由は、圧縮することでサイズが小さくなるので、検索エンジンがトラフィック量を節約するのに役立つらしいです。

 

/feed

/feedの特徴は以下があります。

 

・直近の更新したURLのみ登録されるためサイズが小さい

・検索エンジンのダウンロードがサイトマップより頻繁に行われる

 

 

新規に公開したページであったり、更新したページのURLを検索エンジンに伝えるにはフィードが適しており、Googleも送信を推奨しています。

 

 

以上でGoogleのロボット向けのサイトマップも作成・送信完了です。

サイトマップまとめ

今回はサイトマップについて紹介しました。

 

自分ですら構造を掴めないサイトは他の人も、Googleクローラーも掴むのは難しいです。

 

SEO対策にもなりますので、必ず2種類とも設定をすることをおすすめします。

wordpress サイトマップ
最新情報をチェックしよう!