一眼レフ

ヤマタノオロチと呼ばれる箱崎ジャンクションでの写真撮影

投稿日:2017年1月7日 更新日:

高速道路の分かれ道でいくつもの道路が混じり合うジャンクション。

今回は都内でも最大の複雑さを誇る、箱崎ジャンクションに撮影に行ってきました。

 

スポンサード リンク

箱崎ジャンクション

p1

箱崎ジャンクションは都心環状線から分岐する江戸橋JCT、

6号向島線から7号小松川線が分岐する両国JCTの間に位置しています。

・埼玉・茨城からの6号向島線

・千葉からの7号小松川線

・神奈川からの9号深川線

の3つの流れが一つに集約してしまっています。

 

そのため常に渋滞しているとも言えるほど、渋滞の名所となっています。

 

最寄駅としては水天宮前駅(東京メトロ半蔵門線)になります。

地上に出てすぐ見えます。

 

ヤマタノオロチとも称される所以

dsc_0446

これが例のヤマタノオロチ…!

見事なほどの複雑な道路たち。

8つの道路が交差しています。

工場夜景みたいな魅力や雰囲気があります。

 

dsc_0444

フィッシュアイレンズでも撮影してみました。

大きい上に複雑な構造をしているので、フィッシュアイレンズでの撮影は、歪みが出しやすくかなり適していると感じました。

 

撮る位置によって様々な顔を見せてくれそうなので、いろんな角度から撮ってみたいものです。

 

また、至る所に強い光源があるので、キラッキラの絞りウニも出しまくれます。

一眼レフの絞りウニで太陽を味方につけるテクニック
太陽や街灯などの周りの明るさに対して強い光源は 撮影方法次第で絞りウニと呼ばれるキラッと感を出すことができます。 強い光源は撮影時に邪魔と思われがちですが、 今回は光源を活か

 

あなたの写真の印象をガラッと変える! 一眼レフカメラの絞りを極める
一眼レフ初心者の中で「一眼レフの絞りやF値がわからない」「綺麗なボケを作りたい」といった悩みを持っている人もいるかと思います。 今回は当記事でこんな悩みを解決します。

 

dsc_0451

20時頃行きましたが、車の通りも多く、長時間露光によるレーザーを撮影できました。

三脚は必須です。

 

まとめ

箱崎ジャンクションは、

上からは渋滞の名所であるとともに、

下からは撮影の名所でもあると思います。

 

あまり人通りは多くなかったので、

存分に三脚を使えますが、

人通りが少ない分気をつけて行きましょう!!

スポンサード リンク
スポンサード リンク

-一眼レフ
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

カメラ初心者が一眼レフを手にして気付いた7つの魅力

あの日、一眼レフを手にしてからおよそ2年ほど経ちました。 まだまだ初心者である私が一眼レフを手にしてから これまでに気付いてきた7つの魅力について今回は語ってみようと思います。   スポンサ …

Tokinaの魚眼ズームレンズ、AT-X 107 DX Fisheye 10-17mmの使用感

以前、Tokinaのフィッシュアイレンズを拝借したので、Niion D5300に装着して、色々撮影してみました。   今回はそのときの使用感や、機能についてまとめてみようと思います。 &nb …

GoPro

GoPro HERO5 BlackとSessionを7つの観点で徹底比較してみた

今私が喉から手が出るほど欲しいウェアラブルカメラ「GoPro」 超広角でダイナミックな4K映像、高画質な静止画も撮ることが可能です。 欲しすぎて主要3機種(2017年7月現在)について機能や価格の徹底 …

一眼レフ初心者だからこそ単焦点レンズをおすすめする5つの理由

一眼レフ購入を検討している人の中で   キットレンズとかダブルズームキットとかあるけどどれがコスパいいの? 初心者にはどのレンズがいい?     という疑問を持っている人 …

魚眼レンズ好きの僕がおすすめするレンズと撮影方法11選

フィッシュアイレンズ(魚眼レンズ)に撮影した作品をご紹介します。 強烈な遠近感、魚眼ならではのデフォルメにより、他のレンズには無い世界を表現することができます。 フィッシュアイレンズは焦点距離が小さく …

スポンサード リンク

アーカイブ

カテゴリー