注目キーワード

El CapitanやSierraで、重かったyosemiteをサクサク使うための方法

mac

macOS Sierra は最新のOSですが、

新しくなると古いソフトが対応しきれず

使えなくなることがあります。

例えばNikon ViewNX 2なんかは一例です。

そんな時はOS yosemiteにダウングレードして、

古いソフトを起動するのが効果的です。

 

以前、OS X El CapitanやmacOS Sierraで

yosemiteをインストールすることで

Nikon ViewNX 2を起動する方法をご紹介しました。

>> OS X El CapitanでNikon ViewNX 2をインストール、起動する方法

 

>> macOS SierraにNikon ViewNX 2をインストールしてみた

 

 

しかしどうしても写真編集などメモリを多く使う操作は

PCのレスポンスが重くなりがちです

今回はその時に行ったOS yosemiteのインストール、起動を

サクサク行うための方法をご紹介しようと思います

 

スポンサード リンク

El Capitan、SierraでOS yosemiteを起動する

必要なものは8GB以上のUSBフラッシュメモリです。

 

最近は容量も大きいのに1000円を切る安いものや

 

値段の割にデザインがかっこいいものなど色々あります。

 

 

8GBのフラッシュメモリでもyosemiteは起動はするし、Nikon ViewNX2で写真編集も可能です。

 

 

しかし、8GBの容量の中に写真を保存したり、

ゴミ箱に大容量の写真が保持されている状況で

RAW現像などメモリを多く消費する操作をすると、

動作が極端に重くなる時があります。

 

 

ここでオススメしたいのが容量が1TB以上ある外付けHDDです。

僕はMacBook Airを使用していて、128GBの容量しかありません。

そこに写真を保存しているとあっという間に容量オーバーです。

 

そのため普段から外付けHDDに写真や音楽を保存しているわけです。ついでにHDDにOS yosemiteもインストールされているので、そちらで起動しつつ、写真も音楽も保存しています。

img_2264

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-19-22-41-32

MacBookAir は薄いし軽いのですが

その分容量が小さく、容量の大きいものだと高価になってしまいます。

外付けHDDだと仮にMacBook Airがぶっ壊れても写真や音楽は無事で入られます。逆にこっちが壊れたらアウトですが,,,(汗)

 

現在使用しているものは1TBで7000円ほどのものです。

軽くて暗号化もできて、PCとのデータ通信も速いので 困ったことはないですね。

 

こちらは一つだけ難点があって、

PCに接続するとわずかに光を放つんですが

それが寝る時に発生するとチカチカして眠れない…

という神経質な難点です(笑)

 

 

他にも3TBでUSB3.0の高速データ通信で10000円しないものなど、

探すと結構あります。 バッファロー製のものなんか見た目もかっこいい!!

 

まとめ

AppleのタブレットにはUSBポートがありません。

もはやAppleにとってはSDやUSBメモリに

保存する時代は古いのかもしれません。

クラウドも確かに便利ですが、

見えないものを購入する不安や

セキュリティ面などきになる方もいるかと思います。

僕は両方使っていますが、

それぞれ良いところもあります。

どちらもまだまだ需要はあると思いますので、

文明の利器を大いに利用していきましょう!!

最新情報をチェックしよう!